2021.12.17

『ms-tokyo』の二枚看板に聞く…『アンプレアルス』『グライドノヴァ』の魅力と正しいシューズ選び

アシックスの優れた特性を探るべく「ms-tokyo」に突撃取材(写真向かって左から石橋玲音さん、クリスさん、堀川翔さん、田口龍ウィリアムさん、大橋聖也さん)
某ストリートメディアのシニア・エディターを経験後、独立。ひとつのカルチャーとしてバスケットボールを捉え、スポーツ以外の側面からもNBAを追いかける。

トレンドの集約地にして発信基地である東京・渋谷に拠点を構えるバスケ専門店『ms-tokyo』。ここには昼夜問わず、多種多様なニーズと悩みを有するボーラーたちが集まる。

そんな『ms-tokyo』に訪れる学生プレーヤーから一際高い支持を集めるブランドが、日本生まれのスポーツカンパニー「アシックス」だという。1950年に初のバスケットシューズを発表して以来、アシックスは多くの選手の足元を支え、歴史的シーンを生み出してきた。

今回は『ms-tokyo』でストアマネージャーを務める堀川翔氏と、同じく同店舗のスタッフにして、TikTokで14万人以上のフォロワーを有するクリス氏に、そんなアシックスの魅力やニューモデル『アンプレアルス』、『グライドノヴァ』の優れた性能と履くべきプレーヤー像、さらには正しいバッシュの選び方について、話しをうかがった。

取材協力=ms-tokyo
文=Meiji

ステップの安定性を引き出す『アンプレアルス』

取材に対応してくれた堀川翔氏(左)とクリス氏

ーーはじめに、『ms-tokyo』のコンセプトについて、教えてください。

堀川 バスケットボール専門店として、誰にとってもオープンな立ち位置でいることを大切にしています。これからバスケットボールを始める人や改めて携わる方の「何を着たらいいか」「何を履いたらいいか」という悩みを解消するビギナーフレンドリーなストアでありたいですね。ひとりひとりへの時間を惜しまずに、楽しく、カジュアルなコミュニケーションのなかでベストなアイテム選びをアシストできるショップを目指しています。

ーー学生プレーヤーからの支持も厚い『ms-tokyo』ですが、バッシュ選びでは何を一番大切にしていますか?

クリス 部活で毎日バッシュを履く人、週1回〜月1回程度にサークルや社会人チームで履く人、プレーするカテゴリーによって機能性、強度、デザインが変わってくるので、必ずそこをリサーチするようにしています。あとは、可能な限り多くのバッシュに足を通してもらうことも。本当に足に合っているか否か、理想的なサイズ感か。学生の場合は日に日に成長するので、僕らとの会話のなかでロジカルに、理想的なサイズを提案しています。

ーーさて、まもなくウインターカップが始まりますが、今年の出場選手も足元を見渡す限り、アシックスが大きなシェアを占めている印象です。

クリス アシックスの人気は根強いですね。男子は過半数以上、女子に至っては9割がアシックスを着用しています(アシックス調べ)。

堀川 古くから日本バスケ界の足元を支えるアシックスは、変わらない魅力があるんです。バッシュはプレーを大きく左右するので、モデルごとに大きな変化があると適応するにも時間を要してしまう。バスケットボールの進化にともないシューズに求められる性能も変化していますが、アシックスの場合、そこにもアジャストして、必要な機能性をピンポイントで追加している印象です。アシックスがいつの時代も愛される理由は、そうした不変性と求める機能性の共存にあると思います。

ーー現在のアシックスのフラッグシップモデルはいかがですか。篠山竜青選手(川崎ブレイブサンダース)が着用する『アンプレアルス』は“素早く、力強いステップワークをサポートする”モデルとして注目を集めています。

堀川 今のバスケットボールは“ステップ”がカギを握っています。このステップをギュンギュンと踏む現代のトレンドに対して、サイドの安定感がないのは、サイズのある選手であればあるほど、リスクが高いと言えます。

 ただ、『アンプレアルス』はミッドソールに搭載された大型のサイドウォールは、横方向のブレを高いレベルでサポートしてくれるんです。それにともない、フロアとの接地面積も拡大しているので、安定感も考慮されている。だから、横移動時に大きな負荷が生まれるウエイトのある選手はもちろん、ちょっとのブレが致命傷になるシュータータイプにもオススメなんです。

ーーポジションやプレースタイル別だと『アンプレアルス』はどのような選手にオススメですか?

クリス シューティングガードやスモールフォワードを主戦場とするプレーヤーには、まずオススメします。もちろん、篠山選手が履いていることから、身長・体重・プレースタイルによってはポイントガードの選手にも。インサイドの選手には、『アンプレアルス』を履くべきか、『インベイド ノヴァ』ようなもう少しタフなシューズを履くべきか、ヒアリングをして比較検討してもらいたいです。バスケの場合、横に飛んだり、下がったりする特殊な動きがある競技なので、柔らかい、軽いが正義ではないことを強調しておきたいですね。

 あとはグリップ力を求める選手にも。グリップに関しては、やはりアシックス。プレー環境によっても差が少なく、そういう意味では、ディフェンスを頑張るプレーヤーにもアシックスは適しています。
※いずれも「スポーツ用品の表示に関する公正競争規約」より。

『グライドノヴァ』はまずポイントガードにおすすめしたい

アシックスは部活生の信頼も厚いという

ーーもうひとつの新作『グライドノヴァ』についても教えてください。こちらのモデルは河村勇輝選手(東海大学)が履いていることでも広く知られています。

クリス 『グライドノヴァ』はローカットなので、足首を動かしやすい機動力重視の一足だと思います。なので、河村選手のような切れ味鋭いドライブで、その性能を発揮してくれます。

 また、シュータンとアッパーがひと繋ぎになっているモノソック構造なので、足に吸い付くようなフィット感は『アンプレアルス』にはないストロングポイントです。ただ、サイズミスには要注意。基本的に、バッシュは靴紐を絞めてフィットさせるものですが、これは足を通してアッパーを内側から広げてフィットさせるイメージで、自分に合ったサイズを履いてこそ性能を発揮する構造になります。少し大きめのサイズを購入して、成長したときにも履けるようにというのはオススメできません。
※いずれも「スポーツ用品の表示に関する公正競争規約」より。

ーー『グライドノヴァ』はどのようなポジション・プレースタイルの選手にオススメですか?

クリス まずはポイントガードの選手で、サイズによってはシューティングガードの選手にも。特に、河村選手のようなスピードで翻弄したい選手には、最初に提案しています。『アンプレアルス』ほどの堅牢性はないですが、サイドが内部から補強されているので、横方向のサポート力は従来のモデルよりもアップしていますし、バチバチにトップからディフェンスするような選手も快適な使用感を感じてもらえるのではないでしょうか。

堀川 今は高校生をベースに話していますけど、中学生のようなまだ身体が完成していないカテゴリーであれば、より幅広いポジションの選手に対応できると思います。

ーーやはり、シューズ選びはプレーヤー自身の“体格”が大きく関わってくるんですね。

堀川 シューズ選びは兎にも角にも、体格、競技レベル、運動の強度に左右されます。シューズによっては、身体の小さい選手とってオーバースペックになることがあります。優れた機能性でも、過剰な場合はサポートではなく、枷になってしまう。足の動きを制限することで足が攣ったり、アキレス腱にダメージを負ったりと、ケガの原因に繋がるリスクが発生するんです。どんなシューズにもメリット・デメリットがあるので、年齢やカテゴリーの上昇に伴い、シューズの強度を上げていくことが大切ですね。

クリス オンラインで購入する前に、直接履いてもらいたいですね。僕の場合、SNSのコメントやDMでシューズ選びのアドバイスを求められることが多々あるのですが、そこで明確な返事はできなくて……。人によって左右で若干足のサイズが違うこともあれば、どれぐらいの厚さのソックスを履いているかもわからないので、僕たちが店頭で接客したい理由は、細部にまで気を配ってベストなシューズ選びのお手伝いをしたいからなんです。

堀川 接客は病院で問診票を書いてもらう作業に近いかもしれません。体格、プレースタイル、求める機能性、現在のシューズの悩みなどをヒアリングして、それに最適なシューズを提案したいと思っています。毎回同じ箇所が壊れたり、痛みが生じる理由は、まず靴選びで改善できる可能性があるので。そういう意味で、いつも時代も変わらない魅力と、時代に適したアップグレードを施してくれるアシックスのシューズは、ショップスタッフにとっても提案しやすいファーストオプションなんです。

ms-tokyo

【住所】
東京都渋谷区宇田川町33-8 塚田ビル3F

【営業時間】
AM11:00-PM8:00

【電話番号】
03-6455-3101

【SNS】
Instagram http://instagram.com/ms__tokyo
Twiter https://twitter.com/MSTOKYO1221

●UNPREARS(アンプレアルス)
https://www.asics.com/jp/ja-jp/unpre-ars/p/1063A036-101.html?width=STANDARD
●GLIDENOVA FF2(グライドノヴァエフエフツー)
https://www.asics.com/jp/ja-jp/glide-nova-ff-2/p/1061A038-002.html?width=STANDARD