2016.11.18

元女子日本代表の中川聴乃さんが解説! 知っておくと楽しさ倍増「バスケットボール初心者講座」Vol.4

国内外のバスケ情報をお届け!

シャンソンVマジックやデンソーアイリスで活躍し、女子日本代表にも名を連ねた中川聴乃(なかがわ・あきの)さんが“バスケットボール初心者”へ、知ってもらいたい用語やポジション、プレーを解説。さっそく覚えて友達、彼氏、彼女とアリーナへ行こう!

初めてでも楽しめる、バスケットボール観戦ポイント
①ファーストブレイク
ディフェンスリバウンドを取って素早く仕掛けるオフェンスで、「速攻」とも言います。相手のディフェンスが戻りきる前に攻めきる攻撃は、観戦初心者の方でも面白いと思います。例えば川崎ブレイブサンダースのファーストブレイクは、とても勢いがあります。(ニック)ファジーカス選手がリバウンドを取って、スピードのある藤井(祐眞)選手につないで自分で行ったり、辻(直人)選手にアシストしたり。あとは、サンロッカーズ渋谷の広瀬(健太)選手や横浜ビー・コルセアーズの川村(卓也)選手がボールを持って、前を走る味方を使わず、自分で決めきるところもすごいなと。川村選手はレイアップに行けるところを3ポイントのラインで止まって決めたことがあって、NBAの選手みたいで感動しました。

②ファウルゲーム
負けているチームが試合終盤にファウルを仕掛け、勝っているチームにフリースローをさせる戦略です。フリースローが決まれば自分たちがボールを持てますし、決まらなかった場合もリバウンドで有利な状況なので高い確率でボールを取れます。基本的にどのチームも使う作戦で、ヘッドコーチから指示が出ますし、選手たちの判断で仕掛けることもあります。できればフリースローが苦手な選手にファウルしたいですけど、そこまで余裕がないことが多いので、とにかくボールを持った選手にいち早くファウルすることが多いですね。

③チェンジングディフェンス
ディフェンスをマンツーマンからゾーンに切り替える時も見どころの一つです。「マンツーマン」はマークする選手を決めて人に付いていくディフェンスで、「ゾーン」は場所を決めて守るディフェンス。もう一つ、マッチアップゾーンという、場所を守りながら人に付いていくディフェンスもあります。何本もシュートを決められて相手にリズムを作られている時に、ペースを落とすためにゾーンに切り替えたり、外国人選手が不在の時にインサイドを固めるためにゾーンで守ったり、試合中にディフェンスの形を変えることがあるのでぜひ注目してほしいですね。