2016.12.11

京都が世代別代表経験のある東海大出身の頓宮裕人と契約

国内外のバスケ情報をお届け!

 京都ハンナリーズは12月9日、頓宮裕人(とんぐう・ゆうと)との選手契約締結を発表した。

 現在22歳の頓宮は東山高校、東海大学を経て、2016シーズンから新生紙パルプ商事株式会社に在籍。2011年にはU-18日本代表、2015年にはU-24日本代表に選出された。

 契約締結に際し、頓宮は「高校時代を過ごした京都でプロとしてバスケットボールができることを大変うれしく思っております。今回プロという道を選択するにあたり、所属していた新生紙パルプ商事の皆様には深くご理解頂き、そして多大なるご支援をいただきました。新生紙パルプ商事で得たことをしっかりと生かし、今後のプレーにつなげていく所存です」とコメントした。

 なお、頓宮は12月の第4週目にチームに合流し、2017年から出場予定。背番号は45に決まっている。