2016.12.28

昭和学院が大阪薫英女学院を下し3位入賞、赤穂が24得点20リバウンド/ウインターカップ女子3位決定戦

昭和学院が大阪薫英女学院に67-59で勝利し3位入賞を果たした [写真]=大澤智子
国内外のバスケ情報をお届け!

 JX-ENEOSウインターカップ2016 平成28年度 第47回全国高等学校バスケットボール選抜優勝大会の女子3位決定戦が12月28日に東京体育館で行われた。

 大阪薫英女学院高校(大阪府)と昭和学院高校(千葉県)の組み合わせとなったこの試合。第1ピリオドで大阪薫英女学院が2点リードし、第2ピリオドでは昭和学院が追いつき、前半を終えて31-31と互角の戦いとなる。第3ピリオドも一進一退の攻防が続いたが、最後に赤穂ひまわりが連続ポイントを決め、昭和学院が2点のリードを作った。迎えた最終ピリオドでも昭和学院が着実に点差を広げ、ファイナルスコア67-59で勝利を収めた。

 昭和学院は赤穂が24得点20リバウンドとエースにふさわしい働きを見せた。一方の大阪薫英女学院も髙原春季が23得点11リバウンドの“ダブルダブル”を記録したが、試合終盤で力尽きた。

【試合結果】
大阪薫英女学院 59-67 昭和学院