2017.02.28

NBA出場歴もあるFE名古屋のアラビ、Bリーグ最多得点記録を45得点に更新

26日の香川戦でBリーグの1試合最多得点を更新したFE名古屋のソロモン・ アラビ [写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 2月26日に名古屋市枇杷島スポーツセンターで行われた、Fイーグルス名古屋vs香川ファイブアローズで、FE名古屋のソロモン・アラビが45得点をマーク。22日に新潟アルビレックスBBクリント・チャップマンが挙げた44得点を上回り、Bリーグの1試合最多得点記録を更新した。

 アラビは香川戦に先発出場すると、試合開始5分30秒間に15得点を記録し、第1クォーターで39-15と圧倒する原動力となった。その後も順調にポストプレーで得点を重ね、最終的にフィールドゴール成功率82.6パーセントと高確率で得点を積みあげ、45得点を達成した。また、21リバウンドも記録し、101-86で勝利を収めた名古屋FEに貢献した。

 ナイジェリア出身のアラビは、216センチ115キロのビッグマン。2010年のNBAドラフトで2巡目50位で指名され、トロント・ラプターズでの2シーズンで26試合に出場した経歴を持つ。日本で2年目を迎える今季はB2リーグ第20節終了時点で、661得点(1試合平均17.4得点)490リバウンド(1試合平均12.9リバウンド)の活躍を見せている。

 なお、FE名古屋は30勝10敗で中地区首位。4日、5日に行われる第21節は、敵地の福島市国体記念体育館で福島ファイヤーボンズと対戦する。