2017.03.23

鹿児島レブナイズ選手会が財政難のクラブへの支援総額440万円到達を報告

運営資金不足に苦しむ鹿児島レブナイズに、3月23日現在、440万円を超える支援金が集まっている [写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 鹿児島レブナイズ選手会は、3月22日、チームに対する支援総額が、446万8000円に達したことを報告した。

 クラブの財政難を受け、3月11日から、運営資金確保のためのクラウドファンディングを開始していた鹿児島。3月16日から19日までに集まった募金金額が約41万円、また、3月14日から21日までに集まった振込金額が約68万円となり、新たに109万3000円がクラウドファンディングの表示額に追加された。5月19日の23時を期限とした目標金額1500万円のうち、29パーセントが達成されている状況となる。

 また、同日に鹿児島は、クラブの公式ホームページにて、3月1日にBリーグ理事会で承認された「公式試合安定開催融資」を一時的に回避することができたと発表。加えて、「しかしながら、まだ今期の運転資金が賄える資金調達は出来ておりませんので、引き続きご支援賜れるよう、鹿児島にレブナイズを存続させる会、クラブにて鋭意努力していきます」とコメントした。