2017.05.29

秋田がライオンズと契約継続、今季は途中加入で1試合平均15.8得点を記録

2月に全州KCCイージスから加入したレオ・ライオンズ [写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 秋田ノーザンハピネッツは5月29日、来シーズンにおけるレオ・ライオンズとの選手契約合意を発表した。

 スモールフォワードとパワーフォワードを務めるライオンズは、今季途中に全州KCCイージスから秋田へ加入。3月11日のBリーグデビュー戦で12得点8リバウンドの活躍を見せると、レギュラーシーズンの18試合で284得点(1試合平均15.8得点)132リバウンド(同7.3リバウンド)をマークした。

 来季B2リーグを戦うチームへの残留を決めたライオンズは「秋田ノーザンハピネッツにまた戻ることが決まり、とても幸せに思います。ファンのみなさんの前でまたコートに立つことを楽しみにしています。次のシーズンはたくさんのハッピーなできごとがあるでしょう!」とコメントした。

 なお、秋田は29日時点で田口成浩白濱僚祐中山拓哉の残留を発表している。