2017.05.30

Bリーグベスト5が発表、千葉の富樫勇樹やA東京の田中大貴らが選出

ベスト5に選出された富樫、田中、ファジーカス、金丸、比江島(左から) [写真]=山口剛生
国内外のバスケ情報をお届け!

 5月30日に都内で2016-17シーズンのB.LEAGUE AWARD SHOWが行われ、リーグ戦の年間ベスト5が発表された。

 メンバーに名を連ねたのは川崎ブレイブサンダースニック・ファジーカス千葉ジェッツ富樫勇樹アルバルク東京田中大貴シーホース三河金丸晃輔比江島慎の計5名。

 ファジーカスは今季のレギュラーシーズン全60試合に先発出場して1625得点(1試合平均27.1得点)を記録し、B1リーグ得点王にも輝いた。富樫も全60試合に先発出場を果たし、793得点(1試合平均13.2得点)238アシスト(同4.0アシスト)を挙げてチームの司令塔として活躍。田中はリーグ戦58試合に先発出場して計768得点(1試合平均13.2得点)をマークした。

 金丸はB1リーグで3ポイントシュートとフリースローで最も高い成功率をたたきだし、ベスト3P成功率賞(42.6%)とベストFT成功率賞(90.8%)の2部門で受賞。比江島はレギュラーシーズン通算763得点(1試合平均12.9得点)198アシスト(同3.3アシスト)を記録し、金丸とともにチームのエースとして西地区王者獲得に大きく貢献した。

 なお、リーグ戦最優秀選手賞はファジーカスが受賞した。