2017.09.08

岩手が青森から逃げきり3点差勝利、秋田が待つ2回戦へ/東北アーリーカップ1回戦

チーム最多の19得点を挙げた岩手のマイケル・ビューキャナン[写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 9月8日、山形市総合スポーツセンターで「B.LEAGUE TOHOKU EARLY CUP 2017」の1回戦が行われ、岩手ビッグブルズ青森ワッツと対戦した。

 開始早々からマイケル・ビューキャナンを中心に攻めたて先行すると、23-19で最初の10分間を終える。第2クォーターは互いにミスが目立ち、7-8のロースコアゲームとなったが、3点リードでハーフタイムを迎えた。

[写真]=B.LEAGUE

 第3クォーターは一転して点の取り合いとなるも、藤江建典が9得点を挙げるなど計25点を積みあげ、55-49で第4クォーターへ。

 最後の10分間は開始2分11秒で点差を11点に広げたが、そこから立て続けに失点を喫し、試合終了残り1分43秒で67-67の同点に追いつかれる。それでも、同31秒から藤江のジャンプショット、永田晃司のフリースローで逃げきり、最終スコア73-70で試合終了。3点差で勝利した岩手が、秋田ノーザンハピネッツの待つ2回戦へ駒を進めた。

【試合結果】
岩手ビッグブルズ 73-70 青森ワッツ(@山形市総合スポーツセンター)
岩手|23|7|25|18|=73
青森|19|8|22|21|=70

【Bリーグ アーリーカップ2017 試合結果一覧】
https://basketballking.jp/news/japan/20170903/26544.html