2017.10.19

現役指揮官がBリーグの5大プレーを徹底解説!「BEST of TOUGH SHOT Weekly TOP5」第3節

スピードを活かしたプレーで得点を挙げた富樫
B3リーグ大塚商会アルファーズ ヘッドコーチ

毎節、Bリーグのタフショットを厳選してピックアップする「BEST of TOUGH SHOT Weekly TOP5 presented by G-SHOCK」。Bリーグ2017-18シーズンの第3節から選ばれたタフショットトップ5を大塚商会アルファーズ(B3所属)の青野和人ヘッドコーチに解説してもらった。

解説=青野和人(大塚商会アルファーズ ヘッドコーチ)
写真提供=Bリーグ

【5】千葉#2富樫勇樹 栃木ブレックスvs千葉ジェッツ Game2
 前日の借りを返そうと出だしから勢いのある栃木ブレックスに対して、千葉ジェッツは#2富樫勇樹選手にボールを集める。この場面、シュートエリアの広い富樫選手だけに栃木は離して守れない。それでも寄せてきた栃木#9遠藤祐亮選手を1歩目の爆発的なドライブで抜き、ディフェンスが追いついた瞬間にビハインドバックでテンポをずらしてスペースを作り、ミドルショットを決めた。スクリーンを使わせないように守っていた遠藤選手に対して、ヘルプのできない場所にいた栃木#32ライアン・ロシター選手の連携ミスとも言えるが、残り7秒から冷静にこのシュートを生みだす富樫選手は千葉の最大の武器であり、スピードでゲームを支配する彼のスタイルは身長のない日本人選手に夢を与える。

【4】栃木#18鵤誠司 栃木ブレックスvs千葉ジェッツ Game1

相手に押され負けずにシュートを決めた鵤

 第1クォーター、栃木#13セドリック・ボーズマン選手のディフェンスから速攻のチャンスが生まれる。それに千葉がハリーバックで対応し、アウトナンバーを作らせない。しかし、鵤選手が千葉#10アキ・チェンバース選手にプレッシャーを受けながらもドライブのスピードを緩めなかった。この場面、千葉からすると、ヘルプに行けばパスをさばかれノーマークを作ってしまう。鵤選手は体の強いチェンバース選手に押され負けないようにゴールに向かった。それを、チェンバース選手もブロックショットを狙い当たりを強める。ここで鵤選手は体が流れながらもしっかりとレイアップを決めたバスケットカウント。ディフェンスとの位置を体で感じながら状況を判断できる鵤選手の特徴を象徴するプレーだ。

【3】琉球#33アイラ・ブラウン 琉球ゴールデンキングスvs滋賀レイクスターズ Game1

今節も豪快なダンクを決めたブラウン

 滋賀#6長谷川智伸選手がシュートを打った場面では、琉球#33アイラ・ブラウン選手はベースラインでボックスアウトをしている。琉球#30ヒルトン・アームストロング選手がリバウンドを取るとわかった時点で、ゴールに向かってスタートしたのでボールをもらうことができた。速攻を防ぐためにセーフティーとして残っていたのが滋賀のガード陣なので、ブラウン選手が走ることでサイズのミスマッチが生じる。最後はボールカットを狙った滋賀#7並里成選手を横目に、スピンでかわしてボースハンドダンク。この場面、ハーフコートで一か八かでパスカットを狙った滋賀#40ディオール・フィッシャー選手のギャンブルが2点を献上してしまう結果となった。

【2】北海道#1関野剛平 レバンガ北海道vs川崎ブレイブサンダース Game1

関野は川崎を相手に積極的なプレーを披露

 北海道#1関野剛平選手がクイックネスと体の強さを見せつけた場面。関野選手はトップに上がりドリブルハンドオフパスをもらう。川崎#22ニック・ファジーカス選手がヘルプポジションにいないのを見ると力強くドライブをし、ファウルをもらいながらストライドの長いステップでバスケットカウントを決めた。北海道はこの直前のプレーでは、ダイブした北海道#2グレゴリー・ウィッティントン選手がすぐボールサイドに抜け、関野選手がボールを受けた時に逆サイドで、#8多嶋朝飛選手にフレアスクリーンを掛けている#9折茂武彦選手という、ヘルプしにくいオフェンスのデザイン。若手がこうやって思いきったプレーに専念できるオフェンスのデザインにも注目したい。

【1】名古屋D#24ジャスティン・バーレル サンロッカーズ渋谷vs名古屋ダイヤモンドドルフィンズ Game2

アリーウープで会場を沸かせたバーレル

 名古屋Dのスクリナーを2人配したスクリーンプレー。名古屋D#21笹山貴哉選手はスクリーンを使ってディフェンスを遅らせ、一度止まるかのような動きを見せる。SR渋谷#55ジョシュ・ハレルソン選手がヘルプから戻りディフェンスを立て直そうとするが、笹山選手はドリブルを止めることなく中に入っていった。笹山選手のレイアップシュートを止めようとSR渋谷#6ロバート・サクレ選手がブロックショットを狙うが、ディフェンスを引きつけてリングの上にループパス。それに合わせたのが#24ジャスティン・バーレル選手で、そのまま豪快なアリーウープを決めた。この場面、バーレル選手はほとんど助走のない状態からジャンプしており、これでは逆サイドにいたSR渋谷#24広瀬健太選手もヘルプできないほどの強烈なものだった。