2018.03.14

Bリーグがクラブライセンスの第1回判定結果を公表、B1ではアルバルク東京など3クラブが継続審議に

B1ではA東京、三遠、西宮が継続審議となった
国内外のバスケ情報をお届け!

 3月14日、都内でBリーグ理事会が開催され、2018-2019シーズンクラブライセンス(Bライセンス)の第1回判定結果が公表された。

 Bリーグクラブライセンスはリーグ戦に出場するための資格となり、B1、B2リーグに参加できる資格となるB1ランセンスと、B2リーグに参加できるB2ライセンスの2種類がある。有効期間は対象シーズンの1年間で、継続的にリーグ戦に参戦するには、毎年希望するシーズンの前年11月までに申請しライセンスの交付を受けることが条件となる。

 第1回判定では申請39クラブのうち24クラブのライセンス交付が決定。B1ではアルバルク東京三遠ネオフェニックス西宮ストークスの3クラブ、B2では福島ファイヤーボンズFイーグルス名古屋ライジングゼファー福岡など計11クラブが継続審議となった。

 大河正明チェアマンは、B2に11クラブと財務に問題を抱えて継続審議が多いことについて「B2は好調なクラブと横ばいのクラブに二極化している。横ばいのクラブはスタッフが不足しており、本来集中するべきチケッティングやスポンサー営業が不足している。また、支出ありきのクラブもまだ多く、そのあたりの考え方を変える必要がある」と提言した。

 また、同理事会ではB3リーグ事務局から、岐阜スゥープスが来シーズンのB3ライセンスの交付を受けたことが発表された。

【第1回判定結果】
■2018-19シーズンB1クラブライセンス
レバンガ北海道栃木ブレックス千葉ジェッツサンロッカーズ渋谷川崎ブレイブサンダース横浜ビー・コルセアーズ新潟アルビレックスBB富山グラウジーズシーホース三河名古屋ダイヤモンドドルフィンズ滋賀レイクスターズ京都ハンナリーズ大阪エヴェッサ島根スサノオマジック琉球ゴールデンキングス仙台89ERS秋田ノーザンハピネッツ茨城ロボッツ広島ドラゴンフライズ熊本ヴォルターズ

■2018-19シーズンB2クラブライセンス
岩手ビッグブルズアースフレンズ東京Z埼玉ブロンコス、東京八王子トレインズ

■継続審議
アルバルク東京三遠ネオフェニックス西宮ストークス青森ワッツ福島ファイヤーボンズ山形ワイヴァンズ群馬クレインサンダーズ信州ブレイブウォリアーズFイーグルス名古屋金沢武士団バンビシャス奈良香川ファイブアローズ愛媛オレンジバイキングスライジングゼファー福岡東京エクセレンス

鹿児島レブナイズは未申請