2018.03.19

アルバルク東京が漫画家の福本伸行氏とのコラボグッズを販売、竹内譲次が作風に変身

国内外のバスケ情報をお届け!

 アルバルク東京は3月17日、「カイジ」シリーズやテレビドラマにもなった「銀と金」シリーズの作者、福本伸行氏とのコラボグッズ企画が実現したことを発表した。

 同グッズは福本氏の作品を昔から愛読しているという竹内譲次がモデルとなり、竹内が作風に沿って描かれているアイテムがメイン。イラスト入りのTシャツやマフラー、クッション、トートバッグなどがラインナップされており、24日、25日に行われるホームゲーム、B1リーグ第24節のレバンガ北海道より販売が開始される。

イラストTシャツ 価格:3500円(税込)サイズ:S、M、L、XL[写真]=アルバルク東京

イラストざわTシャツ 価格:3500円(税込) サイズ:S、M、L、XL[写真]=アルバルク東京

イラストマフラー 価格:2500円(税込)[写真]=アルバルク東京

イラストクッション 価格:3000円(税込)[写真]=アルバルク東京

 また、A東京は今回のコラボ企画に際し、クラブの公式HPにて竹内のインタビュー動画を公開。福本氏のコメントも併せて発表した。竹内はチーム全員に好きな漫画家を問われたときに「絶対福本先生!一番好きなのは『銀と金』です」と熱弁を振るったことが今回のコラボにつながったと明かしている。また、福本氏も「竹内選手は、ダンクはもちろんだけど、リバウンドや、守備の貢献も、素晴らしいです。攻守の活躍で、アルバルク東京を、勝利に導いてください!応援してます!」とコメントしている。