2018.05.09

【連載】篠山竜青の「おかげ様です」第6回 ファンから質問大募集「教えて! 竜青さん」

国内外のバスケ情報をお届け!

川崎ブレイブサンダース篠山竜青が、ファンから届いた質問に答えた。バスケット、メンタル、髪型、さらにはプライベートまで多岐にわたる質問に、即答の時もあれば、熟考してひねり出した答えも。ご応募いただいた皆さま、ありがとうございました! ※ご質問は誤字脱字の修正など一部編集しております

構成=安田勇斗
写真=Bリーグ

■かのんさん(神奈川県/17歳女性) ※他数名の方から同様の質問をいただきました
「篠山ひもは、何本ストックされてるんですか?」
篠山 いつも使ってる黒は4本あります。その他に、ファンの方からたくさんいただいていて、カラフルなものもいっぱいあります。トータルで20本ぐらいです。

■ニャンちゅうさん(神奈川県/27歳女性)
「落ち込んだ時に食べたい物は??」
篠山 体に悪いものです(笑)。スナック菓子、ラーメン、『ペヤング』などなど。『ペヤング』はめっちゃ好きなんですけど、すごくカロリーが高いんですよね。

■豊田晋太郎さん(神奈川県/15歳男性)
「ベンチのパフォーマンスは何パターンくらい考えてあるんですか?」
篠山 無限大です。

■リエさん(静岡県/35歳女性)
「新しく青木(保憲)選手というPGが加わりましたが、竜青選手と藤井(祐眞)選手になくて青木選手が持っているものってありますか?」
篠山 若さ、当たりの強さ、あと意外とコート上での落ち着きもあります。

■豆腐さん(茨城県/31歳男性) ※他数名の方から同様の質問をいただきました
「入場の時、ニック(ファジーカス)選手と長谷川(技)選手とやってるルーティーンをやるようになったきっかけを教えてください!」
篠山 いつかは全然憶えてないですけど、ニックとは自然にやるようになりました。ハセとは、ハセが最初にやってきてこれも自然と。話し合ってやるようになったとかはないですね。

■ザイベさん(神奈川県/29歳男性)
「日々、ウエイトトレーニングはどのぐらいやっていますか?」
篠山 チーム全体でやるのは週に1回、ウォーミングアップも含めて1時間半。あとは個人で週に1回、1時間弱くらいのトレーニングをしているので、シーズン中は週2回くらいです。

■ゆっこさん(神奈川県/30歳女性)
「試合前に相手チームの選手と笑顔で話されていますが、何をお話になっているのでしょうか? 毎回気になります」
篠山 その選手によります。子どもがいる選手だったら子どもの話をしますし。近況報告が多いかもしれないですね。

■といささん(千葉県/39歳女性)
「バスケのプレー以外の、オフコートの部分(トレーニングや日々の生活やファン対応などなど)でこの人を見習いたいと目標の選手はいますか? また、トーク力の部分でこの人だけには負けたくないという選手はいますか?」
篠山 バスケットに対するストイックさは、ニック(ファジーカス)を見習っています。ファン対応は僕が一番いいです(笑)。トークの部分では、負けたくないという感じではなく、やっぱり栃木ブレックスの渡邉(裕規)さんはすごいなと思います。

■はむたろうさん(神奈川県/32歳男性)
「『川崎ホルモン劇場』以外のおススメのご飯屋さん教えてください!」
篠山 『ラ チッタデッラ』はよく行きますし、どこも好きですよ。例えば『アリアッチ』は雰囲気がいいですし、肉料理がおいしいです。

■まなみさん(神奈川県/26歳女性)
「休日によく一緒に出かける選手はいますか??」
篠山 既婚者が多いのでそれほど多くはありませんけど、ちょくちょく出掛けるのは、栗原(貴宏)家、辻(直人)家、長谷川家あたりです。

■千葉のアフロ童子さん(千葉県/11歳男性)
「僕も「リュウセイ」という名前です。同じ名前の友達がいません。リュウセイ隊の隊長になって、僕を隊員にしてください」
篠山 僕が隊長になって、隊員になってもらうのはいいですけど、止めた方がいいと思います。裏側の僕は非常に意地汚い人間なのでオススメできないです(笑)。

■みなっちさん(神奈川県/44歳女性)
「今年30歳になる竜青さん、今までの10年とこれからの10年、プレーやチームに対する意識はどのように変わっていくと思いますか?」
篠山 20代の頃は、何だかんだ言っても自分のことを第一に考えていたと思います。30代の10年はもう少し比重がチームやクラブ全体というところに傾いてくるかなと思っています。

■おかげさまですさん(神奈川県/15歳女性)
「プロポーズの言葉を教えてください!」
篠山 「僕と結婚してください」です。

■やまぴーさん(千葉県/17歳男性)
「アウェイで、試合以外に楽しみなことはなんですか?」
篠山 ホテルの一人部屋でボーっとすることです。この前、沖縄に行った時もたぶん一歩も外に出てません(笑)。

■りっちゃんさん(広島県/15歳女性) ※他数名の方から同様の質問をいただきました
「髪の毛切らないんですか?私的には短い方が好きなんです」
篠山 だいぶ暑くなってきて切りたくなってきましたが、ひもが定着しているせいで切りづらくなりました(苦笑)。

■けいなさん(千葉県/20歳女性)
「3月の最終週は8日間で5試合という超タフなスケジュールで、心身ともに大変だったと思いますがどうやってのりきってましたか?」
篠山 負け越しているので乗り切れたのかどうかわからないですけど(苦笑)、その期間はメリハリをつけていました。練習する時は練習、休む時は休むというスイッチを、いつもより意識していましたね。

■かEさん(福岡県/18歳女性)
「ひもの魅力を教えてください🌼あとポイントガードとしてどーやったら成長出来ますか??」
篠山 ひもの魅力は前髪が目に入らないことです(笑)。ポイントガードとして成長するには、常に勝つために何をすればいいのかを考えてプレーすることと、自分の試合のビデオや、上手な選手のプレーを見て学ぶことが必要だと思います。

■無記名(京都府/47歳女性)
「篠山さんは末っ子で、ご両親からすると、とても可愛い息子さんだと思うのですが、バスケットボール以外で、末っ子で良かったなぁ~と思った事を教えて下さい」
篠山 末っ子だからしょうがないって許されることが多かったような気がします(笑)。

■ゆみてぃーさん(神奈川県/27歳女性)
「リカバリーの際に意識してることを教えてください!」
篠山 とにかく一番は冷やすことです。練習があった日は半身浴で氷水の中に10分浸かっています。

■Natsuさん(富山県/15歳女性)
「小学校と中学校でバスケをやっていましたが、これから通う高校にバスケ部がありません。また、男バスもマネージャーを受け付けていません。バスケに関わって行くにはどうすればいいと思いますか? また、篠山選手ならどうしますか? アイディアをください‼」
篠山 どこかのクラブチームに入る。もしくは自分を売りこむ。本気でやりたいと考えているなら、どこかに何かが転がっていると思うので、あきらめずに探してみてください。

■てるさん(埼玉県/25歳女性)
「よく聴くアーティストは誰ですか?」
篠山 特にいません。音楽に関しては広く浅くです。

■Rinoさん(神奈川県/39歳女性)
「試合前にはどんな曲を聴いているのですか?」
篠山 あまりは激しい曲は聞かないですし、最近は音楽を聞かず小説を読んでいることが多いです。今好きな作家は奥田英朗さんです。

■ピピさん(群馬県/26歳男性)
「これまでたくさんの試合をされてきた篠山選手だと思いますが、たった1試合だけ(印象に残っている試合を)挙げるとすると、いつの年代の、どの試合を挙げますでしょうか。理由も含めて教えてください」
篠山 昨シーズンのBリーグファイナル(栃木ブレックス戦)。これまでの人生の中で最も多くの方に見てもらえた試合だと思うからです。

■YKさん(大阪府/38歳女性)
「篠山さんがベンチにいて、(藤井)祐眞くんがナイスパスをしてシュートが決まった時。会場はシューターに湧きますが、篠山さんは「祐眞ぁーーーー!」と叫んで祐眞くんを称賛してるのを見たことがあります。私はそれがなんか嬉しくて。篠山さんのナイスパスやナイスディフェンスの時に私も「竜青ーーーーーー!」とか「グッディーー!」とか叫んでも良いですか?」
篠山 愚問です(笑)。ぜひ叫んでください。

■ななみさん(広島県/17歳女性)
「私は高校生でテストなどで上手くいかないことがあると落ち込んでしまってすぐに立ち直ることができません。いつも前に前に進んでいらっしゃる篠山選手はどのようにして切り替えをしたり、ポジティブに考えたりされていますか?」
篠山 落ちこむことは僕もありますけど、引きずっている時間がすごくもったいないなと感じるので、落ちこむことと引きずることを別々に捉えています。落ちこんでもいいと思うので、その代わり、引きずらずに次に進むことを心掛けようと。大学生の時、24歳以下の日本代表チームで陸川(章/東海大学ヘッドコーチ)さんから、こう言われました。「“24時間ルール”というのを自分で決めて、勝って喜ぶのも負けて落ちこむのも、その日24時間以内にして、次の日からはまたクリアにして新しい1日をしっかり過ごそう」と。僕は今もその言葉を意識しています。

■いずみさん(東京都/32歳女性)
「ポジティブな印象が強い篠山選手ですが、ものすごく落ちこむ出来事が起きた時にどうやって気持ちを切り替えますか? 私は去年の冬に病気が発覚し、現在闘病中です。今まで自分はポジティブで落ちこまないタイプの人間だと思っていたのに、病気になってからはネガティヴなことばかり考えてしまいます」
篠山 個人的な意見ですが、自分をポジティブな人間なはずだったとか、ポジティブじゃなきゃいけないみたいに思うことが、自分を苦しめることもあると思います。なので、まずはネガティブな自分も自分だと理解して、それを受け入れることが大事だと思います。

■ryoさん(富山県/33歳女性)
「ベンチにいるときなどは明るく振る舞い、ここぞというときには力を発揮する方法を教えて下さい。切り替えが難しいのです」
篠山 僕の場合は切り替えようとせずに、ベンチでもコート上でも楽しむ気持ちを持ってやっています。

■なーさん(埼玉県/34歳女性)
「透明人間になったら何をしたいですか?」
篠山 テレビ局に行って、かわいいなと思う女性タレントの後を追いかけます(笑)。

■ながいさん(杤木県/22歳女性)
「気迫溢れる篠山選手のプレーにいつも魅せられています。そのように気持ちを見せたハッスルプレーを可能にしているパワーの源は何ですか? また、篠山選手が選手としてもひとりの人間としても大切にしている美学のようなものがあれば是非教えてください」
篠山 そういうプレーを見て感動してくれるファンの皆さんがパワーの源です。一人の人間として大切にしているのは、そうした皆さんのおかげ、人のおかげです、という気持ちを忘れないことです。

■けんたさん(千葉県/20歳男性)
「篠山選手は土壇場に強い選手! 篠山選手は接戦の時どういう気持ちで試合に臨んでるんですか??」
篠山 ここで良いプレーをしたらカッコいいだろうなって思いながらプレーしてます(笑)。

■もみさん(神奈川県/30歳女性)
「プロになる前の社員選手だった頃はどんな仕事をしていましたか? また思い出に残っているエピソード等はありますか?」
篠山 データの打ちこみだったり、工場の中を回ってポスターを張り替えたり、地味な仕事が多かったです。思い出に残っているエピソードは、とにかく眠かったことです(笑)。それと先輩社員の方と、おいしい料理屋さんに行くのは楽しかったですね。

■捺乃さん(神奈川県/24歳女性)
「篠山選手はモチベーションを保つ為に何かやっていることなどはありますか?」
篠山 本当にモチベーションを上げたいな、もう一度純粋な気持ちでやり直したいな、と思う時は、Bリーグを観客として見に行っています。昨シーズンは、アルバルク東京シーホース三河の試合を見に行きました。あと、他競技の試合も見に行きます。がんばっているスポーツ選手を見るとモチベーションが上がりますね。

■すずさん(東京都/30歳女性)
「篠山選手にとっての「ヒーロー」は誰ですか?」
篠山 僕にとって一番最初のヒーローは仮面ライダーとウルトラマンです。仮面ライダーならV3、ウルトラマンならセブンかタロウをよく見ていた印象があります。

■ひろさん(神奈川県/38歳男性)
「色々なスポーツの選手と対談や色々とお話しされる事が多くなってきたと思いますが、その中で篠山選手が刺激を受けた選手やすごいと思った選手はいますか?」
篠山 皆さんすごい方でしたけど、一番に思い浮かんだのは中村憲剛(川崎フロンターレ)さんとの対談ですね。フロンターレをずっと引っ張ってきた方で、日本代表でも活躍していて、実績はもちろん人柄も素晴らしいなと思いました。もしかしたらツンケンしているのかなと思ってましたけど(笑)、実際はそんなことなくて、包みこむような雰囲気、優しさ、温かさがあって、自分もこういう人になりたいと感じました。

■Sakiさん(東京都/24歳女性)
「ファンからもらって嬉しい差し入れは何ですか?」
篠山 お手紙と衣類がうれしいですね。お手紙は全部読ませてもらっています。衣類で言うと、Tシャツ、パンツ、靴下なんかはすごくうれしいですし、実際に着させてもらっています。

■たまこさん(愛知県/31歳女性)
「面白子育てエピソードをお願いします!」
篠山 息子が女性に対してニコニコすることですね。まだ8カ月ですけど(取材時)、明らかに女性に対しては態度が変わります。完全に父親の血を受け継ぎました(笑)。

■しおすぎさん(神奈川県/29歳女性)
「私は中学の神奈川県大会で篠山選手の存在を知り一瞬で気になる存在となり、今も川崎の篠山選手を応援しています。川崎を応援するキッカケになったのが篠山選手です。当時も人気が高かったように感じましたが、実際どうでしたか?」
篠山 モテモテでした(笑)。外で練習する時は他校の生徒が見に来ていたほどです。僕目当てで来ていたんだと思います、間違いないです。あの時は特に自分に自信がありましたね(笑)。

■さとちさん(東京都/40歳女性)
「もしも「7」以外の背番号にするとしたら、何番ですか? また、その理由を教えてください!」
篠山 「6」か「9」です。6は、当時の北陸高校のエースガードの背番号だったのでずっと憧れていました。9は、何となく形が好きです。

■みるくまるさん(奈良県/16歳女性)
「小さい頃の夢はなんでしたか?」
篠山 バスケットボール選手です。物心ついた時から、それ以外の夢をイメージした記憶がないですね。

■ひよこさん(神奈川県/34歳女性)
「1戦目負けてしまって、2戦目勝つことが多いですが、チーム全体と篠山選手自身で、どのようにモチベーションを上げているのか教えて頂たいです」
篠山 気持ちの切り替えという意味では、1戦目に負けたチームの方が2戦目で気持ちを強く持って入りやすいと思います。また、今は情報戦がすごく進んでいるので、そういう意味でも2戦目は戦略を練りやすく、絶対勝とう、絶対勝てるという気持ちに自然となります。とはいえ、1戦目も2戦目も勝つのが理想なので、まずは1戦目も勝てるようにしたいです。

■ユーストレプトさん(神奈川県/36歳女性)
「私は竜青さんの人間味の溢れている所が大好きです。だからこそ、たまに負荷がかかりすぎることもあるのでは?と思うのですが、そんな時のストレス発散法や、リラックス法はどのようにされているのでしょうか? また、第一線で大活躍されている竜青さんを支えていらっしゃる奥様はきっと素晴らしい方なんだろうなと思っています。どのような奥様でいらっしゃいますか?」
篠山 いろいろな重圧や負荷が掛かることは、ありがたく思います。背負える人にしか背負えないし、そう思うことを、気持ちを保つ一つの方法にしています。リラックスするには、家族でゆっくり過ごすことが一番なので、休みの日は家族でゆっくりしたり出掛けたりしています。奥さんはバスケットを全く知らない人で、勝とうが負けようが、活躍しようがしまいが、いつも同じように明るく、家で待っていてくれる人です。

■のんさん(熊本県/14歳女性)
「何のシャンプーを使っていますか?笑笑」
篠山 インターネット広告でよく出てくる、抜け毛予防のシャンプーを使っています。最近抜け毛が増えてきた感じがあって、ちょっと気にしています(笑)。

■カール山田さん(沖縄県/18歳女性)
「私の中でBリーグ面白いTOP2に入る篠山選手。ボケ担当の篠山選手のツッコミ役を知りたいです。Bリーグの中でいうと誰ですか?」
篠山 トップ2のもう1人が誰か知りたいです(笑)。日本代表だと、ボケに対してさっとツッコんでくれるのは、(小野)龍猛(千葉ジェッツ)さんや、(橋本)竜馬(シーホース三河)ですね。

■ゆあさん(神奈川県/21歳女性)
「試合の日って起きてから寝るまでどういうスケジュールで動いているんですか?」
篠山 ホームゲームで15時開始だとしたら、8時か8時半に起きてまず自宅で朝食を食べます。10時半か11時ぐらいに体育館に来てシューティングをして、12時ぐらいにお昼ご飯を食べて、試合の2時間半前ぐらいにバスで試合会場に移動。試合をして、帰って寮で夕食を食べて、マッサージやアイシングなどのケアをして、家に帰るのが20時ぐらいですね。その後は家族とゆっくりして、寝るのは23時ぐらいです。

■亀とゆきPさん(東京都/46歳女性)
「自分が、コーチになったと想定して、Bリーグ内でスタメン5人誰を選びますか?」
篠山 うーん……篠山、ニック、辻、金丸(晃輔/シーホース三河)、(桜木)ジェイアール(シーホース三河)かな。ガンガン点を取ります。

■おんさん(神奈川県/22歳女性)
「ホームのみならず、アウェー戦から帰ってくる度に好感度を上げて、ファンを増やしてくる竜青さんですが、どこまであげていきますか!」
篠山 上げることよりも下げないことに必死です(笑)。

■亀さん(東京都/36歳男性)
「プレッシャーのかかる試合の中でもバスケをたのしむコツは何ですか?」
篠山 たぶん、いつも以上にプレッシャーが掛かる試合ってことは大事な試合だと思うんですよね。ということは、もしかしたらその試合は勝っても負けても、忘れられない試合になると思うんです。でも勝とうが負けようが、30年後、40年後にはきっといい思い出になっていると思うので、そう考えると意外と楽な気持ちでやれたりします。

■ありさん(神奈川県/20歳女性)
川崎ブレイブサンダースに入って1番良かったなと思った事は何ですか?」
篠山 うちのクラブは環境がすごくいいと思います。食事面はBリーグの中で一番整っていると思いますし、クラブハウスではいつでもケアもトレーニングもできるし、いろいろな面で充実しています。あと都心からも近いので、生々しい話ですけど(笑)、テレビなどの取材に対応しやすいという面でも恵まれているかなと。そういう、選手として成長するためのあらゆる環境が整っていることが、ここにきて良かったと思えるところです。

篠山竜青の「おかげ様です」のバックナンバー