2018.05.22

36歳の柏木真介、契約満了で名古屋ダイヤモンドドルフィンズ退団「ともに戦えたことを光栄に」

今季は34試合の出場にとどまった [写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 名古屋ダイヤモンドドルフィンズは5月22日、柏木真介が契約満了に伴い2017-18シーズン限りで退団することを発表した。

 現在36歳の柏木は、183センチ83キロのベテランポイントガード。2004年に中央大学から日立サンロッカーズ東京(現サンロッカーズ渋谷)へ入団し、2006年にアイシンシーホース三河(現シーホース三河)へ移籍した。同クラブで計11シーズン過ごしたのち、2017-18シーズンに名古屋Dへ加入。レギュラーシーズン34試合の出場で63得点(1試合平均1.9得点)43アシスト(同1.3アシスト)を挙げた。

 退団が決まった柏木は、クラブの公式HPで「1年間という短い期間でしたが、ドルフィンズの一員として共に戦えたことを光栄に思っています。最後まで変わらず応援して下さったファンの皆さんありがとうございました」とコメントした。

 なお、名古屋Dは柏木の他、船生誠也藤永佳昭大宮宏正ジェロウム・ティルマンの退団をすでに発表している。