2018.05.28

横浜ビー・コルセアーズがブロック王のサビートら5選手と契約満了、山田謙治とは交渉を継続

横浜は外国籍選手3名とベテランの2選手を自由交渉リストへ[写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 横浜ビー・コルセアーズは5月27日、ハシーム・サビート・マンカジェフリー・パーマーウィリアム・マクドナルド佐藤託矢山田謙治との契約満了を発表した。

 タンザニア出身で今季からクラブに加入したサビートは、221センチ123キロの体格を誇るBリーグ最長身選手。レギュラーシーズン計59試合に出場し768得点(1試合平均13.0得点)486リバウンド(同8.2リバウンド)、さらには135ブロック(同2.3ブロック)を記録し今季のB1ブロック王に輝いた。

 アメリカ出身で現在38歳のマクドナルドは、レギュラーシーズン途中の11月に入団。これまでフランスやスペイン、中国などのクラブを渡り歩き、昨シーズンはアルゼンチンのボカ・ジュニアーズでプレーしていた。横浜では43試合の出場で522得点(同12.1得点)252リバウンド(同5.9リバウンド)をマークした。

 日本8シーズン目を送ったパーマーは、今シーズン計48試合に出場して545得点(同11.4得点)を挙げたほか、個人通算5000得点、リーグ通算1000得点も達成させた。

 佐藤は、今季開幕前に京都ハンナリーズから移籍した日本人ビッグマン。レギュラーシーズンでは58試合中40試合にスタメン出場し、224得点(同3.9得点)176リバウンド(同3.0リバウンド)を挙げ、献身的にチームを支えた。

 地元横浜市出身で34歳の山田は、180センチ82キロのベテランポイントガード。能代工業高校、法政大学を経て大塚商会アルファーズに入団し、横浜には2011年から在籍している。今季のレギュラーシーズンは31試合の出場で1試合平均1.6得点、1アシストにとどまったが、クラブは契約交渉を継続すると発表した。

 なお、各選手は28日15時にBリーグの自由交渉選手リストに掲載される。