2018.06.02

来日10季目を送った35歳のマクヘンリー、今季加入した信州ブレイブウォリアーズと契約継続

信州残留が決まったアンソニー・マクヘンリー[写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 信州ブレイブウォリアーズは6月1日、アンソニー・マクヘンリーとの契約基本合意を発表した。

 202センチ101キロのマクヘンリーは、ジョージア工科大学卒業後の2005年からイギリスとアメリカのクラブに所属。2008年に琉球ゴールデンキングスへ加入すると、bjリーグ時代はファイナルズMVPとレギュラーシーズンMVPを受賞し、ベスト5に3度選出された。信州には今季から在籍し、レギュラーシーズン計58試合の出場で789得点(1試合平均13.6得点)491リバウンド(同8.5リバウンド)をマークした。

 日本11季目、信州での2シーズン目を迎えることが決まった35歳は、「長いシーズンでアップダウン色々なことがありましたが、チームメイトやブースターの皆さんと一緒にシーズンを戦い抜く良い経験ができました。来季も共に頑張りましょう!Go warriors!」とクラブの公式HPをとおしてコメントした。

 なお、クラブは同日、齋藤崇人との選手契約継続を併せて発表した。