2018.06.04

千葉ジェッツの原修太、W杯出場の3x3代表入り…落合知也も選出

3x3日本代表の一員としてワールドカップに出場する千葉ジェッツの原 [写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 日本バスケットボール協会(JBA)は6月4日、「FIBA 3x3 ワールドカップ2018」に出場する男子日本代表選手4名を発表した。

 長谷川誠氏がアドバイザーコーチを務める日本代表チームには、TOKYO DIME.EXEから小松昌弘と鈴木慶太の2選手の他、千葉ジェッツ原修太と元栃木ブレックスでBREX.EXE所属の落合知也が選出。野呂竜比人(BEEFMAN.EXE)と荒川颯(拓殖大学)がリザーブ選手として名を連ね、大会開幕前にケガなどでやむなくチームを離脱する選手が出た場合にエントリー変更が可能である。

 8日から12日にかけてフィリピンのマニラで開催される同大会は、日本に加え、開催国のフィリピンや昨年優勝のセルビアなど計20カ国が参加。4つのグループに分かれて予選を行い、各組上位2チームが決勝トーナメントに駒を進める。日本はスロベニア、ポーランド、エストニア、インドネシアと同組のプールBに入った。

■FIBA 3x3 ワールドカップ2018 日本代表チーム
選手(4名)
小松昌弘(RBC東京/TOKYO DIME.EXE)
鈴木慶太(RBC東京/TOKYO DIME.EXE)
原修太千葉ジェッツ
落合知也(BREX.EXE)

リザーブ選手(2名)
野呂竜比人(RBC東京/BEEFMAN.EXE)
荒川颯(拓殖大学)

■出場国/男子の部(予選POOL)
POOL A:セルビア、オランダ、ルーマニア、ニュージーランド、キルギスタン
POOL B:スロベニア、ポーランド、エストニア、日本、インドネシア
POOL C:ロシア、ブラジル、モンゴル、カナダ、フィリピン
POOL D:ラトビア、ウクライナ、クロアチア、ヨルダン、ナイジェリア