2018.06.16

拓殖大出身の阿部諒、移籍先が決定…島根スサノオマジックと契約合意

拓殖大在学中にSR渋谷と特別指定選手契約を結んだ阿部 [写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 島根スサノオマジックは6月16日、元サンロッカーズ渋谷阿部諒と契約基本合意したことを発表した。

 現在23歳の阿部は183センチ77キロのシューティングガードで、市立船橋高校、拓殖大学を経て、2017年12月に特別指定選手としてSR渋谷に加入。15試合の出場で15得点9リバウンドを挙げたが、シーズン終了後、契約満了により同クラブを退団することが発表された。

 島根に入団する阿部は、クラブの公式HPで「ルーキーシーズンを島根の一員としてプレー出来ることをとても嬉しく思います。このような機会を下さった球団関係者の皆様に感謝致します。B1昇格を目指し、ルーキーらしく全力を尽くしてプレーをしますので、応援よろしくお願いします!」と意気込みを語った。

 また、球団代表の龍岩正憲氏は次のようにコメントした。

「阿部選手は、昨シーズン拓殖大学からサンロッカーズに特別指定選手として入団したルーキー選手で、大学時代には主力選手として数々の大会に出場し、好成績を残しながら優秀選手としても選出された選手です。プレースタイルは、ディフェンスが非常に魅力的で、泥臭くハードにできる選手です。若さを全面に出したハッスルプレーを期待しています。阿部諒選手と島根スサノオマジックに熱いご声援を頂戴いたしたく、何卒宜しくお願い申し上げます」