2018.06.21

広島ドラゴンフライズに元西宮ストークスの坂井レオが加入「体を張ったプレーで貢献する」

広島への移籍が決まり、自由交渉選手リストから抹消された坂井[写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 広島ドラゴンフライズは6月21日、5月22日付けでに自由交渉選手リストに掲示されていた坂井レオとの2018-19シーズンの選手契約が合意に至ったことを発表した。

 195センチ96キロの坂井は、パワーフォワードやセンターを務める24歳。京都産業大学を卒業後の2016年に西宮ストークスへ入団しプロキャリアをスタートさせた。今シーズンは計22試合に出場し82得点(1試合平均3.7得点)55リバウンド(同2.5リバウンド)を記録した。

 移籍先が決まった坂井は、広島の公式HPクラブを通じて、「自分の持ち味である体を張ったプレーでチームに貢献し、B2優勝できるように頑張ります!皆さま、これから応援よろしくお願いします!」と意気込んだ。

  また、西宮も同日、坂井の移籍を発表。「2年という短い期間でしたが、たくさんの応援ありがとうございました!チームは離れますが、バスケット選手としてレベルアップできるよう頑張ります!また試合で会えるのを楽しみにしています。ありがとうございました」とメッセージを伝えた。

 なお、広島は21日現在で坂井に加え、田中成也ジャマリ・トレイラー村上駿斗との選手契約が合意に至ったと発表している。