2018.06.21

日本代表の宇都直輝、富山グラウジーズに残留「高みを目指し今年こそ!」

富山との契約基本合意が発表された宇都 [写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 富山グラウジーズは6月21日、Bリーグの自由交渉選手リストに掲出されていた宇都直輝と2018-19シーズンの選手契約が基本合意に達したことを発表した。

 現在27歳の宇都は、191センチ80キロのポイントガード。中部大学第一高校、専修大学を経て、2014年2月にアーリーエントリー制度でトヨタ自動車アルバルク東京(現アルバルク東京)へ加わった。Bリーグ初年度から富山でプレーし、今季はレギュラーシーズン59試合の出場でチーム最多の1005得点(1試合平均17得点)に加え、リーグトップの453アシスト(同7.7アシスト)を記録。また、男子日本代表メンバーにも名を連ねている。

 富山での3季目を迎える宇都は、クラブの公式HPで「今年も富山グラウジーズの一員としてプレーさせて頂きます!Bリーグ初年度から2シーズン、アーリーカップで優勝や2年連続残留プレーオフなど、ブースターの皆様と沢山の苦楽を共にしてきました」と述べ、「今年でBリーグ3シーズン目、高みを目指し今年こそ!という新たな気持ちで今年も精一杯プレーさせて頂きます!皆様応援宜しくお願いします!」と意気込みを語った。

 なお同日、大塚裕土葛原大智水戸健史の残留も発表された。