2018.06.23

滋賀レイクスターズがPGを補強、二ノ宮康平と2年契約締結

琉球を退団し、滋賀に加入するポイントガードの二ノ宮 [写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 滋賀レイクスターズは6月23日、二ノ宮康平と2018-19シーズンからの2年契約を締結したことを発表した。

 現在29歳の二ノ宮は、173センチ70キロのポイントガード。京北高校、慶應義塾大学からトヨタ自動車アルバルク(現アルバルク東京)に進み、計6シーズン在籍した。2017-18シーズンは琉球ゴールデンキングスに所属し、57試合の出場で210得点(1試合平均3.7得点)125アシスト(同2.2アシスト)を記録した。

 自身3クラブ目を滋賀で過ごす二ノ宮は、クラブの公式HPで「滋賀レイクスターズとは昨シーズン何度も対戦して、ブースターの方々が熱く、最後まで諦めないチームと認識しています。経験豊富なデニスコーチのもとで自分自身を高め、レイクスブースターのみなさんと一緒にさらに前に進みたいと思います。よろしくお願い致します」と意気込みを語った。

 また、ショーン・デニスヘッドコーチは「ニノはチームに活力をもたらしてくれます。競争心がとても強く優秀なシューターです。琉球での1年を通してピック&ロールを使う技術が目覚ましく上達しましたし、彼の積極的なプレーはチームに自信を植え付けてくれるでしょう」と評価した。

 なお、クラブは2018-19シーズンに向け、伊藤大司(元A東京)、鹿野洵生(元三遠ネオフェニックス)、荒尾岳(元千葉ジェッツ)、紺野ニズベット翔(サウスイースト・コミュニティカレッジ)を新戦力として獲得している。

BASKETBALLKING VIDEO