2018.07.11

新潟アルビレックスBBがPGの山口祐希を獲得、選手兼通訳として契約合意「全力を尽くす」

選手兼通訳として新潟と契約した山口[写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 新潟アルビレックスBBは7月11日、元茨城ロボッツ山口祐希を獲得。同選手と選手兼通訳として契約合意に至ったことを発表した。

 現在31歳で主にポイントガードを務める山口は、これまで浜松・東三河フェニックス(現三遠ネオフェニックス)や秋田ノーザンハピネッツ青森ワッツでプレー。茨城には2016年から在籍し、昨シーズン計58試合に出場したが、5月23日付けで自由交渉選手リストへ公示された。

 新天地が決定した山口は、新潟の公式HPにて「歴史あるこのクラブでプレーできることを大変うれしく思います。学生時代、2年間新潟に住んでいたこともありますので、新潟の地に戻れることを楽しみにしています。少しでもチームに貢献できるよう、全力を尽くしてまいりますので、応援宜しくお願いいたします」とコメントした。

 なお、クラブは7月10日、昨シーズン選手兼通訳として所属した輪島射矢の退団を発表していた。