2018.07.29

かつて大阪エヴェッサなどでプレーしたロビー、信州ブレイブウォリアーズと契約基本合意

過去に秋田、三遠、大阪に加入していた32歳のロビー[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

 信州ブレイブウォリアーズは7月29日、リチャード・ロビーとの選手契約基本合意を発表した。

 アメリカ出身で現在32歳のロビーはコロラド大学を卒業後、イスラエルやアメリカ、アルゼンチンなど様々なクラブに所属。2013年には当時bjリーグ所属の秋田ノーザンハピネッツに入団すると、1年目で最優秀シックスマンを受賞した。Bリーグが開幕した2016-17シーズンには三遠ネオフェニックス大阪エヴェッサでプレーし、計53試合に出場。昨シーズンはベネズエラのクラブに在籍していた。

 2年シーズンぶりに日本復帰を果たすスモールフォワードは、信州の公式HPにて「信州でマイケルコーチのもとプレイできるのを楽しみにしています。日本は私にとって第二の故郷で、また日本に戻ってプレイし信州ブースターの皆さんと共にチャンピオンになるよう貢献したいと思います。応援宜しくお願いします!」とメッセージを送った。