2018.08.02

新潟アルビレックスBB、昨季途中加入のハミルトンが残留「とても興奮しています」

新潟での2年目を迎えるハミルトン[写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 新潟アルビレックスBBは8月2日、ラモント・ハミルトンとの契約合意を発表した。

 アメリカ出身で現在34歳のハミルトンは、208センチ116キロの体格を誇るインサイドプレーヤー。セント・ジョーンズ大学を卒業後、スペインやフランス、トルコなどのクラブを経て2016年に琉球ゴールデンキングスに入団した。新潟には昨季途中の1月から加入すると、計30試合の出場で399得点(1試合平均13.3得点)、171リバウンド(同5.7リバウンド)をマーク。しかし、シーズン終了後にBリーグの自由交渉選手リストに掲出されていた。

 同選手は残留に際し、クラブ公式HPをとおして「まずはじめに、素晴らしい新潟のファンの皆様の前で、もう一度プレーする機会を与えてくださった社長、コーチングスタッフの皆様に感謝申し上げます。このチームにまた加入できることにとても興奮していますし、チャンピオンになる可能性を大きく秘めたチームだと僕は思っています。皆さんにすぐ会えることを楽しみにしています。レッツゴーアルビレックスBB!」とコメントした。

 なお、同クラブは2日時点で上江田勇樹(元富山グラウジーズ)、柏木真介(元名古屋ダイヤモンドドルフィンズ)、石井峻平(元アースフレンズ東京Z)、渡辺竜之佑(元琉球)、山口祐希(元茨城ロボッツ)の5名を新加入選手として迎え、計12名をロースターにそろえている。