2018.08.05

ヒュンメルが京都ハンナリーズの新ユニを発表、昨シーズンを踏襲した力強いデザインに

2018-19シーズンで着用される京都の新ユニフォーム
国内外のバスケ情報をお届け!

 京都ハンナリーズのサプライヤーを務めるヒュンメルは1日、2018-19シーズンの新ユニフォームを発表した。

 昨シーズンは、クラブ初のBリーグチャンピオンシップ出場、天皇杯3位と、飛躍の年となった京都。創立10周年を迎える新シーズンのユニフォームでは、昨シーズンのデザインを踏襲しつつ、襟には願いが叶う幸運のモチーフとも言われているウィッシュボーン(鳥の鎖骨)型を採用。さらに、胴回りにシャープさを加えることで、選手がより大きく、力強く見えるような工夫が施された。

 ヒュンメルは、昨シーズンより日本国内のバスケットボール業界に参入。京都とのサプライヤー契約は2シーズン目を迎える。