2018.09.07

新潟アルビレックスBB、金沢武士団を第4Qに突き放し準決勝へ進出/北信越アーリーカップ1回戦

今季は新潟の副将を務める森井健太(左)[写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 9月7日、ことぶきアリーナ千曲にて「B.LEAGUE EARLY CUP 2018 HOKUSHINETSU」が行われ、新潟アルビレックスBB金沢武士団との1回戦に臨んだ。

 1点リードで迎えた第2クォーター、新潟はダバンテ・ガードナーが10得点を挙げる活躍を見せると、失点を13点にとどめて47-36で試合を折り返す。しかし、第3クォーターは一挙28失点で点差を詰められ、64-64の同点で最終クォーターへ。それでも、第4クォーター開始3分39秒からガードナー、ラモント・ハミルトンの連続得点で2ケタリードを作り、最終スコア88-77で試合終了。

 新潟は8日の準決勝で信州ブレイブウォリアーズ、金沢は5位決定戦で群馬クレインサンダーズと対戦する。

■試合結果
新潟アルビレックスBB 88-77 金沢武士団
新潟|24|23|17|24|=88
金沢|23|13|28|13|=77