2018.09.14

アレン離脱の島根スサノオマジック、昨季途中加入のポマーレと契約基本合意

昨季途中に加入したジーノ・ポマーレが今季も島根でプレー [写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 島根スサノオマジックは9月14日、ジーノ・ポマーレとの契約基本合意を発表した。

 203センチ102キロでパワーフォワード兼センターを務めるポマーレは、2009年に仙台89ERSでキャリアをスタート。一時アルゼンチンのクラブを経て、2011年から浜松・東三河フェニックス(現三遠ネオフェニックス)、京都ハンナリーズ岩手ビッグブルズ青森ワッツ金沢武士団を渡り歩いた。2017-18シーズンは開幕直前に金沢から大阪エヴェッサへ移籍すると、2018年1月に岩手、同年2月から島根に在籍。計26試合の出場で291得点(1試合平均11.2得点)を記録した。

 今季も島根でプレーするポマーレは、クラブの公式HPで「素晴らしいブースターがいる島根スサノオマジックに戻ってこれて嬉しく思います。より良いシーズンを楽しみにしています。今年は昨シーズンよりもずっと良くなることを願っています。ありがとうございます」と話した。

 また、クラブ代表の龍岩正憲氏、堀健太郎ゼネラルマネージャーは次のようにコメントした。

「この度、島根スサノオマジックは、ジーノ・ポマーレ選手と、昨シーズンに引き続き、契約基本合意を致しましたことをご報告いたします。ジーノ・ポマーレ選手は、203cm/102kg のパワーフォワード、センターで、インサイドでの得点力とディフェンス力に長けた選手です。 昨シーズンは後半戦の2月にチームに加入してもらいチームに貢献してくれました。数シーズンを鈴木ヘッドコーチと共に戦っており、コーチの戦術を熟知してくれているのも強みです。このタイミングでチームへの加入を決断してくれたポマーレ選手に感謝しています。ジーノ・ポマーレ選手と島根スサノオマジックに熱いご声援を頂戴いたしたく、何卒宜しくお願い申し上げます」(龍岩氏)

「先日負傷したロスコ・アレン選手が本日インジュアリーリストに登録されました。このタイミングで契約合意し、すぐに合流して頂くことを理解してくれたポマーレ選手に感謝致します。鈴木HCのバスケットを理解し表現できるポマーレ選手の加入はチームにとって非常に大きなものになると信じています。現在故障者が出ていますが、このようなときこそ一丸となり乗り越えることがチーム力向上、そして昇格のために必要だと思っております。ポマーレ選手・島根スサノオマジックへのご声援を宜しくお願い致します」(堀GM)