2018.09.30

張本天傑、シーホース三河とのダービーへ「愛知をもっと盛りあげていきたい」

名古屋Dの新主将に就任した張本がチームを引っ張る [写真]=山口剛生
国内外のバスケ情報をお届け!

 9月24日に都内で「B.LEAGUE TIPOFF カンファレンス2018」が開催され、名古屋ダイヤモンドドルフィンズから新主将の張本天傑が出席した。

 2018-19シーズンの名古屋Dは昨季同様に「リーグで一番のトランジションバスケット」を掲げており、満田丈太郎をはじめ、安藤周人笠井康平など若手選手が多い。日本代表の張本は「走りの部分をリーグでどのチームにも負けないように一生懸命トレーニングしてきた」とコメント。自身はパワーフォワードだけでなくスモールフォワードでの出場機会も増えるようで、「3番ポジションでの技術をもっと身につけて、リーグでトップの選手になれるようにがんばりたい」と意欲を示した。

 10月6日、7日の開幕戦はホームのドルフィンズアリーナにシーホース三河を迎え撃つ。「愛知県にはプロバスケットボールチームが4つ(名古屋D、三河、三遠ネオフェニックスFイーグルス名古屋)あって、野球の(中日)ドラゴンズやサッカーの(名古屋)グランパスもある。バスケットが一番盛りあがれるように、これからもっと盛りあげていきたいと思う」と話した。

この試合の他の記事