2018.10.08

高確率で3Pを沈めた名古屋ダイヤモンドドルフィンズ、“愛知ダービー”2連勝

3本の3ポイントを含む11得点を挙げた笠井康平 [写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 10月7日にドルフィンズアリーナでB1リーグ第1節第2戦が行われ、名古屋ダイヤモンドドルフィンズシーホース三河と対戦した。

 第1クォーターは開始早々に中東泰斗マーキース・カミングスの連続得点などで先手を奪うと、張本天傑安藤周人笠井康平が3ポイントで相手を突き放す。12点リードで迎えた第2クォーターは点の取り合い。菊池真人の2本を含む計7本の3ポイントを沈めるなど、55-34と点差を広げた。

 後半は相手の反撃を受ける。ジェームズ・サザランドに10得点、金丸晃輔に9得点を与えるなど計28失点を喫したが、カミングスが10得点を挙げる活躍で応戦。最後の10分間は18-31と圧倒されるも、96-93で“愛知ダービー”2連勝を飾った。カミングスがチームトップの24得点を挙げたほか、張本、安藤、中東、笠井も2ケタ得点を記録。チーム全体としては26本中15本の3ポイントが決まったことも大きかった。

【試合結果】
名古屋ダイヤモンドドルフィンズ 96-93 シーホース三河(@ドルフィンズアリーナ)
名D|25|30|23|18|=96
三河|13|21|28|31|=93