2018.10.12

強固な守備を誇る栃木ブレックスと破壊力を示した富山グラウジーズ、注目の一戦を制するのはどちらか

2000年より、バスケットボール専門で取材活動中

栃木ブレックスvs富山グラウジーズ(@ブレックスアリーナ宇都宮)
第1戦:10月12日19時5分~、第2戦:10月13日18時5分~

 Bリーグ初代王者に輝きながら、昨季はチャンピオンシップ1回戦敗退となった栃木ブレックス。王座奪還へ向け、開幕はB1へ一気に駆けあがってきたライジングゼファー福岡から連勝を収める上々のスタートを切った。
 
 1戦目は第1クォーターこそ後手に回ったが、その後はライアン・ロシターを中心に反撃。28アシストとチームの歯車がかみ合った中でも、昨季はケガに泣いた山崎稜橋本晃佑の活躍が光った。2戦目も山崎は14分55秒、橋本は18分53秒の出場時間を得ており、安齋竜三ヘッドコーチの信頼を勝ち取っている。そして、チームとして1戦目が6、2戦目が3というターンオーバーの少なさは、昨季後半の戦いぶりを継続できているという何よりの証明だ。

 対するは富山グラウジーズ。開幕節の横浜ビー・コルセアーズ戦は、オフェンス力向上の期待に存分に応える内容だった。1戦目はスミスがフィールドゴールを2本しか外さず39得点11リバウンド、ライオンズも20得点18リバウンドと2人でゴール下を支配。2戦目も2人で計47得点27リバウンドを挙げ、チームは2戦計195得点とオフェンスの破壊力を示した。また、2戦を通じて阿部友和船生誠也の働きにも目を見張るものがあり、新戦力がチームをけん引した形だ。

 昨季高次元のディフェンスを誇った栃木との対戦は、富山のオフェンス力を測る格好の機会。2シーズン続けて残留プレーオフに出場した富山が台風の目として注目を浴びるためには、栃木のディフェンス網を突破しなければならない。そのカギを握る選手として挙げたいのが栃木の山崎。シューターであると同時に優れたディフェンダーでもある山崎は、かつて富山に在籍。宇都直輝水戸健史のプレーの特徴もよく知っており、富山のオフェンスのオプションを少なからず減らすことのできる存在だ。山崎が富山のリズムを狂わせるか、富山が破壊力を見せつけるかが勝敗を分けるポイントの1つになる。

文=吉川哲彦

■ロースター
・栃木(ヘッドコーチ:安齋竜三)
田臥勇太
ジェフ・ギブス
遠藤祐亮
竹内公輔
田原隆徳(NEW)
アンドリュー・ネイミック(越谷アルファーズからレンタル移籍)
渡邉裕規
鵤誠司
橋本晃佑
ライアン・ロシター
栗原貴宏(NEW)
エリック・ロバーツ(NEW)
山崎稜
喜多川修平

・富山(ヘッドコーチ:ドナルド・ベック)
レオ・ライオンズ(NEW)
関口サムエル(NEW)
船生誠也(NEW)
阿部友和(NEW)
山田大治(NEW)
水戸健史
宇都直輝
比留木謙司(NEW)
大塚裕土
葛原大智
青野文彦(NEW)
ジョシュア・スミス(NEW)

この試合の他の記事