2018.10.16

三遠ネオフェニックスを迎え撃つ新潟アルビレックスBB、勝利のポイントは外角からのシュート

2000年より、バスケットボール専門で取材活動中

新潟アルビレックスBBvs三遠ネオフェニックス(@シティホールプラザアオーレ長岡)
10月17日19時5分~

 
 新潟市東総合スポーツセンターで今季のホーム開幕を迎えた新潟アルビレックスBBは、秋田ノーザンハピネッツを相手に2戦ともまずまずの試合運びを見せて連勝。3勝1敗となり、前節を終えた時点で中地区首位に立った。今節は秋田よりも長いライバル関係を持つ三遠ネオフェニックスを、今季初開催のアオーレ長岡に迎え撃つ。

 秋田との2戦はいずれも前半に優位に立つ先行逃げきりの展開だった。秋田のファウルの多さを利用し、フリースローだけで2戦合計54得点。また、104得点を挙げた2戦目では2ポイントの成功率が7割を超えるなどオフェンス面の盤石ぶりを見せつけたが、中でもダバンテ・ガードナーの7個を筆頭に計29アシストを挙げたのは特に良い傾向。ガードナーは得点でもランキング1位となり、チームの1試合平均得点もリーグ3位だ。

 一方、三遠はアウェーで千葉ジェッツに連敗を喫し、開幕戦勝利後は3連敗中。1戦目が60得点、2戦目が56得点と、2戦合計165得点を挙げた開幕節の京都ハンナリーズ戦に比べて得点力が低下。2戦ともターンオーバーが16とやや多く、フィールドゴールもフリースローも試投数が少ない。特にフリースローの試投数は現在リーグ17位であり、ファウルをもらうプレーができていない点は早急に改善しなければならない。

 このように両者はフリースローで大きな差があり、新潟はガードナーを中心に積極的にペイントアタックしていくに違いない。ただ、三遠はオフェンス力のある千葉を2戦とも70点台に抑えており、簡単には突破できないだろう。三遠のディフェンスに的を絞らせないという意味で、秋田との2戦目で5本の3ポイントを決めた池田雄一やシュート力に定評のある上江田勇樹らが外角からどれだけ確率良く射抜けるかも重要なポイントになってくる。三遠とは第6節にも対戦が控えており、ここで高い得点力を発揮して相手に苦手意識を植えつけておきたいところだ。

文=吉川哲彦

■ロースター
・新潟(ヘッドコーチ:庄司和広)
山口祐希(NEW)
柏木真介(NEW)
五十嵐圭
鵜澤潤
石井峻平(NEW)
渡辺竜之佑(NEW)
森井健太
上江田勇樹(NEW)
池田雄一
ラモント・ハミルトン
ダバンテ・ガードナー

・三遠(ヘッドコーチ:藤田弘輝)
ロバート・ドジャー
寺園脩斗(NEW)
川嶋勇人
長谷川智伸(NEW)
渡邊翔太(NEW)
太田敦也
岡田慎吾
ダシルバヒサシ
鈴木達也
菅野翔太
シャキール・モリス(NEW)
ウィリアム・マクドナルド(NEW)
田渡修人

この試合の他の記事