2018.10.21

栃木ブレックスがレバンガ北海道にリベンジ、終盤で引き離し連敗を阻止

エースのライアン・ロシターは20得点14アシストの活躍[写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 10月21日、各地でB1リーグ第4節第2戦が行われ、栃木県立県南体育館では前日の第1戦に敗れた栃木ブレックスレバンガ北海道と対戦した。

 最初の10分間は18-18の同点となったが、続く第2クォーターは開始1分26秒から田原隆徳橋本晃佑の連続3ポイントでリード。中盤からはジェフ・ギブス遠藤祐亮ライアン・ロシターが加点し、39-34でハーフタイムを迎えた。

 しかし、第3クォーターに入ると徐々に点差を詰められ、残り4分2秒でリードを奪われる。同2分35秒からはロシターのダンク、鵤誠司の3ポイントで55-54となるも、1点ビハインドで勝負の第4クォーターへ突入した。

 最終クォーターも拮抗した好ゲームが繰り広げられ、試合終了残り2分30秒時点で70-70。それでも、そこから渡邉裕規が2本のフリースローとジャンプショットで4点リードを作ると、試合終了まで相手をノーゴールに抑えこんだ。栃木が79-70で競り勝ち、連敗を阻止した。

【試合結果】
栃木ブレックス 79-70 レバンガ北海道(@栃木県立県南体育館)
栃 木|18|21|18|22|=79
北海道|18|16|24|12|=70