2018.11.27

第11節のベストオブタフショット、キーナンの決勝バスケットカウントが1位

三河との一戦で決勝点をマークした秋田のジャスティン・キーナン [写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 11月27日、B1リーグ2018-19シーズン第11節の『BEST of TOUGH SHOT Weekly TOP5 presented by G-SHOCK』が発表された。

 今節の1位はジャスティン・キーナン秋田ノーザンハピネッツ)。シーホース三河との第1戦は終始拮抗した展開となる中、62-62で迎えた試合終了残り31秒、キーナンがオフェンスリバウンドを奪取すると、ファウルを受けながらもジャンプショットを沈めた。フリースローは失敗したが、チームはそのまま64-62で逃げきった。

 なお、2位は晴山ケビン京都ハンナリーズ)、3位は高橋耕陽滋賀レイクスターズ)、4位は渡邉裕規栃木ブレックス)、5位はザック・バランスキーアルバルク東京)に決定した。