2018.12.12

桜木ジェイアールとニック・ファジーカス、どちらがチームに勝利を呼びこめるか

2000年より、バスケットボール専門で取材活動中

シーホース三河vs川崎ブレイブサンダース(@ウィングアリーナ刈谷)
12月12日19時5分

 同一カードの連勝と連敗を繰り返しているシーホース三河は、前々節の連敗で再び黒星先行となったが、前節のライジングゼファー福岡戦は連勝して白星先行に戻した。今節も勝って“貯金”を増やしたいところだ。

 Bリーグ以前を通じて初対決となった福岡戦は、1戦目が99得点の圧勝。加入2試合目のケネディ・ミークスが17得点15リバウンド7アシストとオールラウンドな働きを披露した。一転してロースコアの接戦となった2戦目も、ミークスは16得点12リバウンド4スティールと攻守にフル回転。第4クォーターで必死に追いすがる福岡をかわした立役者は、このクォーター8得点のミークスと効果的な3ポイント2本を炸裂させた加藤寿一だ。

 その三河と今節激突する川崎ブレイブサンダースも、前々節は連敗したが前節は横浜ビー・コルセアーズに連勝した。1戦目は攻守両面で横浜を圧倒し、39点差をつける大勝。2戦目はややディフェンスが緩んだものの、篠山竜青藤井祐眞がそろって18得点とガード陣がオフェンス力を発揮した。藤井は加えて12アシストもマークし、チームの87得点に大きく貢献。開幕当初は得点が伸び悩んだ川崎も、ニック・ファジーカスのコンディションが上がってきたことで、辻直人を欠いても得点力は向上し続けている。

 この顔合わせの最注目ポイントはやはり、帰化選手としてリーグ屈指の実力者である2人の対決だ。第3節の対戦では、ケガから復帰して3試合目のファジーカスが9本のフィールドゴールをすべて外してまさかの1得点に終わった一方で、桜木ジェイアールが8得点11リバウンド9アシストと持ち前のオールラウンドな活躍を見せたにもかかわらず、試合はロースコアで川崎に軍配が上がった。試合に敗れた桜木はもちろんのこと、わずか1得点だったファジーカスも借りを返そうと意気込んで臨むはずだ。試合を支配できる2人のつばぜり合いから目を離してはならない。

文=吉川哲彦

■ロースター
・三河(ヘッドコーチ:鈴木貴美一)
ジェームズ・サザランド
ケネディ・ミークス
狩俣昌也
アイザック・バッツ(インジュアリーリスト)
村上直
森川正明
西川貴之
金丸晃輔
松井啓十郎
加藤寿一
岡田侑大
桜木ジェイアール
グラント・ジェレット
生原秀将

・川崎(ヘッドコーチ:北卓也)
藤井祐眞
林翔太郎
青木保憲
篠山竜青
辻直人
谷口光貴
鎌田裕也
バーノン・マクリン
ニック・ファジーカス
バンバ・ジュフ
シェーン・エドワーズ
長谷川技

この試合の他の記事