2018.12.13

琉球ゴールデンキングスが2試合ぶり白星、 京都ハンナリーズ相手に快勝

古川はシーズンハイの24得点で勝利に貢献 [写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 12月12日に沖縄市体育館にてB1リーグ第13節が行われ、西地区首位の琉球ゴールデンキングス京都ハンナリーズと対戦した。

 第1クォーター序盤は点の取り合いとなったが、開始4分頃に橋本竜馬古川孝敏の連続3ポイントでリードを作る。第2クォーターでも好調の古川が11得点をマークし、41-35で試合を折り返した。

 後半は、並里成のアシストから橋本がジャンプシュートを決めリードを2ケタとすると、その後もジェフ・エアーズジョシュ・スコットがインサイドで得点をマーク。14点リードで迎えた最終クォーターも、危なげない試合運びでリードを守りきり、89-71で2試合ぶりの白星を挙げた。

【試合結果】
琉球ゴールデンキングス 87-71 京都ハンナリーズ(@沖縄市体育館)
琉球|21|20|24|22|=87
京都|15|20|16|20|=71

この試合の他の記事