2018.12.28

【ユーザー投票受け付け中】12月の「Player of the Month」候補選手5人が決定

中山、富樫、馬場、スミス、金丸(左から) [写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 ファンやブースターの皆さんがB1リーグの月間MVP「Player of the Month」を選出する、バスケットボールキングとバスケットLIVEによる共同企画を2018-19シーズンより本格スタート。MVP選手に投票していただいた人の中から抽選で、選手サインが当たるキャンペーンも実施予定です。

 バスケットボールキング編集部が、B1リーグの第12節から第17節までを対象にした「Player of the Month」の候補選手5人を選出。12月28日18時から12月29日18時にかけてファン投票を実施し、12月の「Player of the Month」が決定する(※1月中旬に発表予定)。

 選出選手、選出理由は以下のとおり。(個人成績は第17節を除く12月の8試合での平均値)
 
1.中山拓哉秋田ノーザンハピネッツ/PG・SG/182センチ・82キロ/24歳/1試合平均10.6得点5.6リバウンド7.7アシスト)
→23日の試合で11得点14リバウンド10アシストを挙げ、日本人2人目の“トリプルダブル”を達成した。

2.富樫勇樹千葉ジェッツ/PG/167センチ・65キロ/25歳/1試合平均16.6得点3.1リバウンド4.6アシスト)
→12月は8試合すべてで2ケタ得点を挙げ、1試合平均4.6アシストも記録。3ポイントも1試合平均3本成功。

3.馬場雄大アルバルク東京/SF/198センチ・90キロ/23歳/1試合平均13.5得点3リバウンド3.5アシスト)
→8試合中6試合で2ケタ得点、23日の試合で今季最多21得点。田中大貴が欠場した試合では先発を務めた。
  
4.ジョシュア・スミス富山グラウジーズ/C/208センチ・138キロ/26歳/1試合平均20.1得点11リバウンド5アシスト)
→8試合中7試合で“ダブルダブル”。15日の試合では36得点20リバウンド3アシスト3スティール3ブロックというモンスタースタッツを挙げた。

5.金丸晃輔シーホース三河/SG・SF/192センチ・88キロ/29歳/1試合平均20.1得点1.2リバウンド1.2アシスト)
→勢いに乗ると止められない日本屈指のシューター。20得点オーバーが4度、26日の試合では5本の3ポイントを含む40得点と大暴れ。

 以下の応募フォームから、自分がMVPだと思う選手に投票しよう!

投票はこちらから

Player of the Monthのバックナンバー