2019.01.21

【特別企画】Bリーグオールスター選手たちが憧れたスターは? ~第6回 張本天傑の場合

張本は3年連続でオールスターに出場 [写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

1月19日、富山市総合体育館で開催された「B.LEAGUE ALL-STAR GAME 2019」は大盛況の中、幕を閉じた。現在、“プロ”という立場となったBリーグのスターたちにも、憧れの存在があったはずだ。彼らが憧れた選手とは一体誰なのか? 夢舞台の袖でほんの少しだけ聞いてみた。

■B.WHITE 張本天傑名古屋ダイヤモンドドルフィンズ)の場合

――オールスターゲームの感想を聞かせてください。
張本 最後の方はみんなガチでやっていたので、やはり(みんな)負けず嫌いなんだと思いました。オールスターになると、どのくらいパフォーマンスするのか難しいですが、僕がちょっとインテンシティ(プレーの強度)を強めて、オフェンスもディフェンスも試合のギアを一つ上げて引っ張っていくつもりで積極的にプレーしました。

――憧れていた選手は誰ですか?
張本 物心ついた時から憧れていたのは、マイケル・ジョーダン(元シカゴ・ブルズほか)ですね。ダンクの時に舌を出したりしていて、なんだかカッコ良かったですね。日本人では田臥勇太栃木ブレックス)さんです。プレースタイルに憧れたというか、あの時は日本からNBA選手が出たということで、単純にすごいなと思いましたし、やはりその挑戦自体を尊敬しましたね。

張本の憧れは“バスケットボールの神様”と評されるジョーダン氏 [写真]=Getty Images

B.LEAGUE ALL-STAR GAME 2019のバックナンバー

この試合の他の記事