2019.01.21

【特別企画】Bリーグオールスター選手たちが憧れたスターは? ~第5回 並里成の場合

初出場のオールスターゲームで両軍最多の13アシストをマークした並里 [写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

1月19日、富山市総合体育館で開催された「B.LEAGUE ALL-STAR GAME 2019」は大盛況の中、幕を閉じた。現在、“プロ”という立場となったBリーグのスターたちにも、憧れの存在があったはずだ。彼らが憧れた選手とは一体誰なのか? 夢舞台の袖でほんの少しだけ聞いてみた。

■B.BLACK 並里成琉球ゴールデンキングス)の場合

――オールスターゲームの感想を聞かせてください。
並里 勝ち負け関係なしに楽しめたと思います。アシストを13本したことについてはビックリですね。自分自身ではそんなにアシストしていた感覚ではなかったですけど、スタッツはウソをつかないので素直にうれしいです。ファンの皆さんもすごく熱狂していて、本当に盛りあがったオールスターだったなと思いますね。富山(グラウジーズ)でプレーする大塚(裕土)選手がMVPを獲れたというのは、素晴らしいエンディングだったと感じています。

――憧れていた選手は誰ですか?
並里 僕はアレン・アイバーソン(元フィラデルフィア・セブンティシクサーズほか)でした。一番最初に好きになって、あんな小柄なのにも関わらず大きい選手に果敢に立ち向かっていく姿は素晴らしいです。あのハートの強さとスピードにはすごく憧れていましたね。

並里の憧れは“小さな巨人”ことアイバーソン氏 [写真]=Getty Images

B.LEAGUE ALL-STAR GAME 2019のバックナンバー

この試合の他の記事