2019.01.23

【特別企画】Bリーグオールスター選手たちが憧れたスターは? ~第11回 馬場雄大の場合

オールスターでは6本のダンクを叩きこんだ [写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

1月19日、富山市総合体育館で開催された「B.LEAGUE ALL-STAR GAME 2019」は大盛況の中、幕を閉じた。現在、“プロ”という立場となったBリーグのスターたちにも、憧れの存在があったはずだ。彼らが憧れた選手とは一体誰なのか? 夢舞台の袖でほんの少しだけ聞いてみた。

■B.BLACK 馬場雄大アルバルク東京)の場合

――オールスターゲームの感想を聞かせてください。
馬場 オールスター独特の雰囲気で始まり、最後までどうプレーしていいのかわからない感じでした(苦笑)。次こそMVPを獲りたいと思います。地元ということで、富山の皆さんの声援は日本代表戦から感じていて、改めて富山の歓声はすごいなと感じました。

――憧れていた選手や尊敬する選手は誰ですか?
馬場 尊敬しているのは父ですね。小さい時から体育館に連れて行ってもらって、今(の自分)があるのは父のおかげです。僕の小さい時から成長過程を見守ってくれているので。あとは、(A東京の)ルカ(パヴィチェヴィッチヘッドコーチ)も入るかもしれません。全然バスケを見る子じゃなかったので、小さい頃は会場に連れて行ってもらっても走り回ってばかりで。お手本にするような選手はいませんでした。独自路線というか……。尊敬するのは、やはり父だと思いますね。

B.LEAGUE ALL-STAR GAME 2019のバックナンバー

この試合の他の記事