2019.02.02

名古屋ダイヤモンドドルフィンズ、後半に抜けだし第1戦の雪辱を果たす

名古屋D後半も集中力を落とさず勝ちきった[写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 2月2日、各地でB1リーグ第23節が行われ、ドルフィンズアリーナで名古屋ダイヤモンドドルフィンズ富山グラウジーズとの第2戦に臨んだ。

 第1クォーターは、なかなかリズムをつかめず17-23で終了。続く第2クォーター、残り1分58秒から中務敏宏ヒルトン・アームストロングの連続得点で2点差まで迫ると、同6秒に中務がジャンプショットを沈め、40-40の同点に追いついた。

 第3クォーターの立ちあがりは、バスケットカウントを決められるなどで先行される。しかし、開始4分10秒にアームストロングのジャンプショットで51-49とし、この試合初めてのリードを奪う。68ー63で迎えた最後の10分間はマーキース・カミングスなどの得点で引き離し、最終スコア94-83で昨夜のリベンジを果たした。

【試合結果】
名古屋ダイヤモンドドルフィンズ 94-83 富山グラウジーズ(@ドルフィンズアリーナ)
名古屋D|17|23|28|26|=94
富山  |23|17|23|20|=83