2019.02.03

大阪エヴェッサが連敗脱出、シーホース三河を下して7戦ぶり白星

熊谷尚也を筆頭に3ポイントが好調だった大阪 [写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 2月3日におおきにアリーナ舞洲でB1リーグ第23節第2戦が行われ、6連敗中の大阪エヴェッサシーホース三河と対戦した。

 第1クォーターはジョシュ・ハレルソン熊谷尚也がともに2本の3ポイントを決めるなど一挙25得点をマーク。7点のリードを奪うと、続く第2クォーターでも計5本の3ポイントなどで相手を上回る22得点を挙げた。

 さらに点差を広げて迎えた第4クォーターは金丸晃輔アイザック・バッツを中心とした反撃に遭い、開始3分33秒の時点で65-61。中盤以降も僅差で試合が進み、残り24秒に3ポイントで2点差まで詰め寄られたものの、最終スコア82-78で逃げきった。ハレルソンが6本、熊谷と長野誠史がともに3本、畠山俊樹が1本の3ポイントをそれぞれ成功。2ポイント成功率は45.5パーセントにとどまったが、3ポイントは43.3パーセントの高確率で沈めた。

【試合結果】
大阪エヴェッサ 82-78 シーホース三河(@おおきにアリーナ舞洲)
大阪|25|22|16|19|=82
三河|18|19|14|27|=78