2019.02.04

第22節のベストオブタフショット、1位は狩野祐介の“4点プレー”

ファウルを受けながらも3ポイントシュートを決めた滋賀の狩野 [写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 1月31日、B1リーグ2018-19シーズン第22節の『BEST of TOUGH SHOT Weekly TOP5 presented by G-SHOCK』が発表された。

 第22節の1位は、狩野祐介滋賀レイクスターズ)が決めた“4点プレー”。ライジングゼファー福岡との一戦は僅差で進む中、主将の一撃で勝利がグッと近づいた。1点リードで迎えた試合終了残り6分22秒、伊藤大司からパスを受けた狩野は、小林大祐からファウルを受けながらも3ポイントシュートを成功。フリースローも確実に沈め、点差を一気に5点まで広げた。

 なお、2位は同じく滋賀所属のマーカス・ブレイクリー。3位にジェフ・エアーズ琉球ゴールデンキングス)、4位にカディーム・コールビー秋田ノーザンハピネッツ)、5位にアキ・チェンバース千葉ジェッツ)が続いている。

この試合の他の記事