2019.02.10

ホームのシーホース三河、秋田ノーザンハピネッツ相手に27点差の圧勝

試合を通して計10得点、5アシストを記録した生原秀将[写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 2月10日、各地でB1リーグ第24節が行われ、ウィングアリーナ刈谷ではシーホース三河秋田ノーザンハピネッツの第1戦が行われた。 

 第1クォーター、ケネディ・ミークスがこの10分間だけで10得点をマーク。計18得点を積み挙げると、守っては9失点にとどめて主導権を握る。しかし、第2クォーターは22-22の同点で終了。40ー31で後半へ突入した。

 第3クォーターは、残り4分12秒に金丸晃輔がインサイドで得点すると、生原秀将岡田侑大らも続き、連続10得点の猛攻。66-47と点差を広げて最終クォーターへ。第4クォーターに入っても、三河は攻撃の手を緩めることなく相手を上回る計19得点。最終スコア85-58とし、三河が第1戦をものにした。

【試合結果】
シーホース三河 85-58 秋田ノーザンハピネッツ (@ウィングアリーナ刈谷)
三河|18|22|26|19|=85
秋田|9|22|16|11|=58