2019.02.14

【ユーザー投票受け付け中】2月の「Player of the Month」候補選手5人が決定

2月は川村、ガードナー、安藤、サイモン、熊谷(左から)がノミネート [写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 ファンやブースターの皆さんがB1リーグの月間MVP「Player of the Month」を選出する、バスケットボールキングとバスケットLIVEによる共同企画を2018-19シーズンより本格スタート。MVP選手に投票していただいた人の中から抽選で、選手サインが当たるキャンペーンも実施予定です。

 バスケットボールキング編集部が、B1リーグの第23節と第24節を対象にした「Player of the Month」の候補選手5人を選出。2月14日18時から18日23時59分にかけてファン投票を実施し、2月の「Player of the Month」が決定する(※3月中旬に発表予定)。

投票はこちらから

 選出選手、選出理由は以下のとおり。(個人成績は2月の4試合での平均値)

1.川村卓也横浜ビー・コルセアーズ/SG/193センチ・92キロ/32歳/22得点3.5リバウンド5.8アシスト)
→4試合中3試合で20得点超え(24点,16点,23点,25点)。15本のフリースローを獲得して、失敗はわずか1本のみ。

2.ダバンテ・ガードナー新潟アルビレックスBB/C/203センチ・132キロ/27歳/24.8得点8.8リバウンド4.3アシスト)
→リーグを代表するビッグマンでありながら、2月の4試合は得点に加え17アシストを記録。3ポイントを打つこともでき、チームは2月を4戦全勝で終えた。

3.安藤周人名古屋ダイヤモンドドルフィンズ/SG/190センチ・92キロ/24歳/14.8得点2.3リバウンド3.0アシスト)
→開幕から全試合先発出場の若きシューター。2月は9本の3ポイントを沈めるなど、3試合で2ケタ得点(うち2試合は20得点以上)。1日の試合は今季最多7アシストをマークし、「FIBAバスケットボールワールドカップ2019 アジア地区 2次予選 Window6」を戦う日本代表候補にも名を連ねる。

4.デイヴィッド・サイモン京都ハンナリーズ/C/204センチ・120キロ/36歳/30.5得点10.0リバウンド2.3アシスト)
→昨季韓国リーグ得点王の実力を発揮し、3日の試合で今季最多40得点を挙げるなど期間中に平均30.5得点。リバウンドやブロックでも貢献している。

5.熊谷尚也大阪エヴェッサ/SF・PF/195センチ・90キロ/28歳/16.0得点1.5リバウンド5.0アシスト)
→今シーズンはアウトサイドシュートが好調で、2月は計33本の3ポイントを放って14本成功。3日の7アシスト、9日の3ブロックはいずれも今季ハイ。

 以下の応募フォームから、自分がMVPだと思う選手に投票しよう!

投票はこちらから

Player of the Monthのバックナンバー