2019.03.05

ファジーカスとガードナー、3日の試合でリーグ通算4000得点を達成

リーグを代表する2人のスコアラーが記録達成 [写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 3月3日に行われたB1リーグ第25節第2戦で、ニック・ファジーカス川崎ブレイブサンダース)とダバンテ・ガードナー新潟アルビレックスBB)の2人がリーグ通算4000得点を達成した。

 帰化選手のファジーカスは、ホームでのサンロッカーズ渋谷との第1戦で、記録達成まで22点としていた。第2戦も第1戦同様ベンチスタートとなったが、着実に得点を挙げて迎えた第4クォーター残り3分33秒に篠山竜青からのパスを受け、3ポイントシュートでリーグ通算4000得点に到達。今季はケガの影響により出遅れたものの徐々に復調し、13年ぶりとなるワールドカップ出場を決めた日本代表もけん引した。

 一方のガードナーは名古屋ダイヤモンドドルフィンズとの第1戦で40得点を積みあげ、記録達成に大きく前進。第2戦の13点ビハインドで迎えた第3クォーター残り5分24秒、相手のファウルを受けながらシュートを沈め、記録達成まで「1」に迫るもフリースローを決めきれず。第4クォーター開始2分46秒、リバウンドから自らボールを運び、華麗なレイアップシュートでリーグ通算4000得点に到達させた。この試合、延長の末、新潟はホーム10連勝を達成。ガードナーは今シーズン計42試合すべてに先発出場を果たし、1139得点(1試合平均27.1得点)をマークしている。

■Bリーグ通算得点
ニック・ファジーカス
2016-17シーズン:1625得点
2017-18シーズン:1517得点
2018-19シーズン:860得点(第25節終了時点)

ダバンテ・ガードナー
2016-17シーズン:1184得点
2017-18シーズン:1695得点
2018-19シーズン:1139得点(第25節終了時点)