2019.03.12

3/13の秋田戦に向けて・・・【87Labのがんばれレバンガ】

積極的にゴールに向かってプレーする山本柊輔[写真]=B.LEAGUE
北海道新聞・道新スポーツとバスケットボールキングのコラボ企画。レバンガ北海道の協力も得て、北海道のバスケ情報をお届けします。

 ホームきたえーるでの名古屋戦を連敗で終えたレバンガ北海道。苦しい状況が続く中、休む間もなく3月13日、秋田ノーザンハピネッツとの平日ゲームがアウェーで行われる。

 両チームとも残留プレーオフ争いの中にいる。北海道は6連敗、秋田も3連敗で、ともに苦しい状況でゲームを迎える。今節のゲームが今後に与える影響は大きく、秋田は熱いブースターの力をバックに、ホームでの勝利を目指してくる。北海道も正面からこの戦いに挑んで、今節こそ勝利を掴みとりたい。

■オフェンスリバウンドを多く取る秋田
 秋田の特徴としては、まずオフェンスリバウンド(北海道からみるとディフェンスリバウンド)を多くとる。秋田はボールがないところで連続してスクリーン(※注1)をかけるプレーが多く、コートの中で非常に複雑な動きをしている。スクリーンを連続して使うことで、うまくいけば、ディフェンスの原則(ゴールと自分のマークマンの間にポジションをとる動き)を崩し、オフェンスに有利な展開になる。

 オフェンスリバウンドは、シュートを打った時のポジションが非常に大切になる。秋田のオフェンス(北海道のディフェンス)で、秋田に有利な展開を作られると、そのままリバウンドの時に秋田に良いポジションを取られることに繋がり、秋田にオフェンスリバウンドを支配されることが考えられる。

 北海道はコミュニケーションを多く取りながら、全員でディフェンスし、ディフェンスリバウンドを1回で取れるように集中してプレーすることが鍵となる。

■ポイントガードに強いプレッシャー
 また、秋田のディフェンスは非常にプレッシャーが強いことも特徴だ。バスケットボールはオフェンスが始まる時、ポイントガードの選手(北海道でいえば多嶋朝飛選手や山本柊輔選手)がきっかけを作ることが多い。秋田はポイントガードに強くプレッシャーをかけて、良い展開を作らせないようにディフェンスを仕掛けてくる。ポイントガードがそのプレッシャーに負けてしまうとシュートまで行くのが苦しくなり、シュート成功率が下がることが考えられる。また、そこでプレッシャーに負けてミスが起こってしまうと、速攻で簡単にレイアップ(※注2)にいかれてしまう。北海道のポイントガードをめぐる動きから目が離せない。

川邉亮平選手に注目
 今節、北海道で注目したいのが川邉亮平選手だ。琉球戦からプレータイムが増えている中で、彼の特徴である様々なポジションができる器用さは、ここ数試合、勝負どころで頼もしさを感じさせる。

 決して目立つプレーヤーではないが、名古屋戦ではその視野の広さでトラソリーニ選手の得点をアシストする場面が多く見られただけでなく、ゲームをコントロールする場面も見られ、コートに落ち着きを与えてくれた。

 松島良豪選手が不在で、ポイントガードの多嶋選手と山本選手にかかる負担が大きくなる中、彼がゲームを作ることでチームに掛け算的な好循環が見られた部分もある。

 特に山本選手はここまで交代で入ってくる中で、ゲームをコントロールすることに苦労している場面が多く見られた。山本選手はスピードとボールハンドリングの技術に非常に優れているが、その特徴が出せていないことが多かったように思う。

 名古屋戦は川邉選手がゲームをコントロールする中で、山本選手が積極的にゴールに向かってプレーし、北海道に流れを呼び込む時間帯があった。

 秋田がポイントガードのところに強いプレッシャーをかけてくることを考えれば、川邉選手が担う役割はより一層大きなものになってくると思う。

■戦う気持ちと応援が共鳴し・・・
 名古屋戦は連敗だった。しかし、その中で「きっかけは掴めた」と感じたのは僕だけだろうか。どちらのゲームも勝負どころで、選手の戦う気持ちとブースターの「がんばれレバンガ」は確実に共鳴し合い、名古屋を追い詰める力になっていた。

 その声援を胸に、アウェー秋田での戦いを乗り切ってほしい。

 「このまま終わってたまるかよ」

 後半戦に向けて掲げられたこのスローガンとともに、北海道の戦いがまだまだ終わってないことをチーム一丸で証明しよう。

※注1 スクリーン
攻撃のときに使われ、味方をマークしているディフェンスに対し、進路にポジションを取ることによって動きを遅らせ、味方の選手をフリーにさせる、または味方に有利な状況を作り出すプレー。

※注2 レイアップ
レイアップシュート。走りながらゴールに向かってジャンプして、ボールを下から持ち上げて打つシュートのこと。速攻で使われる場合も多い。

文・宮本將廣(87Basketball Lab代表)

■関連リンク
・3/9、10の名古屋戦に向けて…【87Labのがんばれレバンガ】
https://basketballking.jp/news/japan/20190307/141940.html

・3/2、3の琉球戦に向けて… 【87Labのがんばれレバンガ】
https://basketballking.jp/news/japan/20190227/139538.html

・2/9、10の新潟戦に向けて…【87Labのがんばれレバンガ】
https://basketballking.jp/news/japan/20190205/133667.html

この試合の他の記事