2019.03.13

シーホース三河が4試合ぶりの白星、金丸晃輔と岡田侑大で計55得点

三河が最終クォーターに相手を突き放して快勝 [写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 3月13日にウィングアリーナ刈谷でB1リーグ第27節が行われ、3連敗中のシーホース三河三遠ネオフェニックスと対戦した。

 7-8で迎えた第1クォーター開始3分30秒から金丸晃輔岡田侑大アイザック・バッツの連続得点で8点をリード。しかし、中盤以降は攻めこまれる時間があり、続く第2クォーター終了時点で36-40と試合をひっくり返された。

 点差が変わらないまま迎えた第4クォーターは序盤に岡田の4連続得点で逆転。さらに開始4分34分から無失点に抑え、最終スコア83-69で快勝した。桜木ジェイアールが不在の中、金丸が33得点、岡田が22得点と2人で55得点をマーク。得点こそ伸びなかったものの、バッツが15リバウンド、ケネディ・ミークスが14リバウンドの活躍を見せた。

【試合結果】
シーホース三河 83-69 三遠ネオフェニックス(@ウィングアリーナ刈谷)
三河|22|14|25|22|=83
三遠|19|21|25|4|=69

この試合の他の記事