2019.03.15

地区2位同士の対戦、栃木ブレックスはリーグ屈指の外国籍コンビに要注意

国内外のバスケ情報をお届け!

■栃木ブレックスvs京都ハンナリーズ(@ブレックスアリーナ宇都宮)
第1戦:3月16日15時5分、第2戦:3月17日15時5分

 東地区2位の栃木ブレックスと西地区2位の京都ハンナリーズによるレギュラーシーズン初対決。両チームとも連勝中ということもあり、チャンピオンシップを見据えた上でも激しい戦いが繰り広げられるだろう。

 栃木はサンロッカーズ渋谷を退け、今季2度目の8連勝達成した。ライアン・ロシターの活躍などで27得点を記録した第1クォーターを終えると、続く第2クォーターはわずか10得点しか奪えず。後半も相手の追いあげに遭い、試合終了残り1分5秒に2点差まで詰め寄られたものの、ジェフ・ギブス比江島慎遠藤祐亮の連続得点で白星をもぎ取った。ロシターが22得点9リバウンド8アシスト、ギブスが17得点12リバウンドを挙げたほか、渡邉裕規が16得点。2ポイントが41本中23本成功の56.1パーセントに対し、3ポイントは22本中7本成功の31.8パーセントと不調だった。さらに1ケタ点差での勝利も第21節第1戦以来だ。

 京都は西地区2位の座を争う名古屋ダイヤモンドドルフィンズを撃破。相手がシュートスランプに陥る中、試合開始からビッグマンのデイヴィッド・サイモン、オールラウンダーのジュリアン・マブンガがチームを引っ張り、勝利を手繰り寄せた。また、晴山ケビン綿貫瞬といった日本人選手も要所での活躍が光り、伊藤達哉に至っては15得点8リバウンドの働きぶり。両外国籍選手は84得点中61得点を叩きだし、Bリーグ屈指の破壊力を見せている。

 注目は貢献度の高い外国籍選手同士のマッチアップ。「第94回天皇杯・第85回皇后杯 全日本バスケットボール選手権大会」ファイナルラウンド準決勝の対戦では京都がマブンガに代えてシャキール・モリスを起用したものの、栃木がリバウンド数で50-35と圧倒し、勝利を収めている。前回対戦の経験を踏まえ、指揮官がどのような策を採るかにも注目したい。

 また、栃木は今節第1戦で勝利を収め、シーホース三河名古屋ダイヤモンドドルフィンズのいずれか、または両方負けた場合にCS進出が決定する。ホームアドバンテージを活かし、いち早くCSの切符をつかみ取りたいところだ。

■ロースター
・栃木(ヘッドコーチ:安齋竜三)
田臥勇太
ジェフ・ギブス
比江島慎
遠藤祐亮
竹内公輔
アンドリュー・ネイミック
渡邉裕規
鵤誠司
橋本晃佑
ライアン・ロシター
栗原貴宏
山崎稜
喜多川修平
長島蓮

・京都(ヘッドコーチ:浜口炎)
伊藤達哉
晴山ケビン
綿貫瞬
鶴田美勇士
岡田優介
玉木祥護
岸田篤生
シャキール・モリス
ジュリアン・マブンガ
内海慎吾
頓宮裕人
デイヴィッド・サイモン
片岡大晴

この試合の他の記事