2019.03.16

勢いづく相手を迎え撃つ富山グラウジーズ、勝利へは前節無得点に終わった宇都直輝の活躍が必須

2000年より、バスケットボール専門で取材活動中

富山グラウジーズvs滋賀レイクスターズ(@富山市総合体育館)
第1戦:3月16日18時5分、第2戦:3月17日13時5分

 開幕当初は中地区首位にも立っていた富山グラウジーズが、今季初めて黒星先行で新しい節を迎える。勝率5割ちょうどで臨んだ前節の新潟アルビレックスBB戦は、40分間をとおして相手のディフェンスを突破できずにわずか50得点、25点差での完敗となった。レオ・ライオンズが今季2番目に少ない10得点に封じられたことも響いたが、宇都直輝が7本のフィールドゴールと4本のフリースローをすべて外し、今季2度目の無得点に終わったのも大きな痛手だった。地区2位の川崎ブレイブサンダースとは7勝差で、地区内順位でのチャンピオンシップ進出は厳しい状況だが、ワイルドカードでの進出はまだ十分に可能性がある。

 そして、滋賀レイクスターズは過去2シーズンと同様に、終盤戦に突入してついにスイッチが入った。琉球ゴールデンキングスを相手に第1クォーターで28-14と主導権を握り、第3クォーターに突き放して16点差の快勝。エースシューターの狩野祐介が18得点をマークすれば、高橋耕陽はそれを上回る22得点。アレン・ダーラムヘンリー・ウォーカーはそろって“ダブルダブル”を達成した。何より驚異なのは、リーグで3番目に成功率が低かった3ポイントで対戦相手のお株を奪い、リーグ記録を塗り替える18本を炸裂させたことだ。

 昨季のレギュラーシーズン最終節で激突し、土俵際でうっちゃった滋賀がB1残留を決め、連敗の富山が残留プレーオフに回ってしまったことは両ブースターの記憶にも鮮明に残っているだろう。当然両チームの選手もこの顔合わせには期するものがあるはずだが、特に富山は昨季アウェーで味わった屈辱を今季はホームで晴らしたいところ。そのためにはやはり、昨季苦汁を飲んだ宇都や大塚裕土水戸健史の活躍が不可欠だ。一方の滋賀で昨季の激闘を知る選手は狩野と高橋、樋口大倫の3人のみ。キャプテンの狩野が闘志を前面に出し、チームを引っ張る気概を見せなければならない。

文=吉川哲彦

■ロースター
・富山(ヘッドコーチ:ドナルド・ベック)
レオ・ライオンズ
アラン・ハーンドン
船生誠也
阿部友和
山田大治
水戸健史
宇都直輝
比留木謙司
大塚裕土
葛原大智
青野文彦
ジョシュア・スミス
前田悟
松山駿

・滋賀(ヘッドコーチ:ショーン・デニス)
西裕太郎
アレン・ダーラム
二ノ宮康平
紺野ニズベット翔
ヘンリー・ウォーカー
樋口大倫
高橋耕陽
荒尾岳
ガニ・ラワル
狩野祐介
伊藤大司
鹿野洵生
中村功平

この試合の他の記事