2019.03.17

琉球ゴールデンキングスが2点差で競り勝つ、決勝FTを決めた岸本隆一は21得点の活躍

試合終了残り2秒、2本のフリースローを沈めた岸本 [写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 3月17日に宜野湾市立体育館でB1リーグ第28節第2戦が行われ、琉球ゴールデンキングスライジングゼファー福岡と対戦した。

 第1クォーターからロースコアゲームが繰り広げられ、前半を24失点に抑えた琉球は8点をリード。第3クォーターはマーカス・ブレイクリー山下泰弘を中心とした攻撃に苦しんだが、終了間際に岸本隆一が3ポイントを決めて45-44で終了した。

 最終クォーターも僅差で試合が進み、残り15秒に同点に追いつかれた。それでも同2秒に岸本が2本のフリースローを沈め、最終スコア61-59で勝利。古川孝敏を欠く中、岸本がチーム最多21得点の活躍を見せ、アイラ・ブラウンは11得点10リバウンド、ケビン・ジョーンズは10得点14リバウンドを挙げた。

【試合結果】
琉球ゴールデンキングス 61-59 ライジングゼファー福岡(@宜野湾市立体育館)
琉球|14|18|13|16|=61
福岡|12|12|20|15|=59